ad

流域:飲料水汚染の可能性に関する主な知見(A Watershed Moment: Key Findings About Potential Drinking Water Contamination)

ad
ad
ad

遠方の流域における人間活動が、都市の飲料水の汚染の可能性に影響を与える Human activities in distant watersheds influence the potential for contamination of urban drinking water supplies

2022-04-27 アメリカ・パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL)

パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL)の研究者たちは、米国内の都市の地表の飲料水源に、さまざまな汚染の可能性があることを発見しました。

Nature Communications誌に掲載されたこの研究成果は、流域における人間活動の種類と程度が、飲料水に含まれる潜在的な汚染の程度に大きな影響を与えることを浮き彫りにしています。汚染物質は、農業、鉱業、都市部、交通インフラ、廃水処理、その他の産業からもたらされる可能性があります。また、このデータは、全米の水源流域における人間活動の多様性を示しており、このことは、潜在的な汚染レベルも同様に多様であることを示しています。

<関連情報>

米国100都市における潜在的な飲料水源汚染の比較 Comparison of potential drinking water source contamination across one hundred U.S. cities

Sean W. D. Turner,Jennie S. Rice,Kristian D. Nelson,Chris R. Vernon,Ryan McManamay,Kerim Dickson & Landon Marston

Nature Communications  Published: 13 December 2021

DOI:https://doi.org/10.1038/s41467-021-27509-9

タイトルとURLをコピーしました