0904河川砂防及び海岸海洋

0904河川砂防及び海岸海洋

超過外力と複合的自然災害に対する危機管理に関する研究

2021-02-25 国総研プロジェクト研究報告 第 64 号 【概   要】 大規模な地震や豪雨など、将来発生が懸念される様々な災害に適切に対応するためには、これまで考慮されていない過度の外力や複雑な災害がもたらす影響を予...
0904河川砂防及び海岸海洋

スリランカ:流域戦略に基づく地方防災計画策定を通じた防災主流化促進プロジェクト

ODA(The Project for Mainstreaming Disaster risk Reduction through Establishing Local Disaster Risk Reduction based on Ba...
0904河川砂防及び海岸海洋

スリランカにおける降雨による高速長距離土砂流動災害の早期警戒技術の開発

ODA(The Project for early warning technology of rain induced rapid and long traveling landslide) 国名 スリランカ 事業 技...
0904河川砂防及び海岸海洋

スーパーコンピュータ「富岳」とAI活用により高解像度でリアルタイムな津波浸水予測を実現

市街地に浸水する津波を数秒で詳細に予測し、より安全な避難行動を支援 2021-02-16 東北大学災害科学国際研究所,東京大学地震研究所,株式会社富士通研究所 国立大学法人東北大学災害科学国際研究所(注1)、国立大学法人東京大学地震...
0904河川砂防及び海岸海洋

水電池式水位計(KT-200142-A)

水に浸ると発電する水電池を用いて河川等の警戒する水位を検出し、警告灯の点滅で危険を知らせる水位計。 開発会社:三嶋電子株式会社 区  分:システム NETIS登録技術 本技術は、水に浸ると発電する水電池を用いて、危険水位に達したこと...
0904河川砂防及び海岸海洋

気候変動下で増加する洪水に、ダムでの洪水調節が及ぼす影響を世界で初めて推定

2021-01-22 東京大学 生産技術研究所 ○発表者 Julien Boulange(国立環境研究所 気候変動適応センター 気候変動影響評価研究室 特別研究員) 花崎 直太(国立環境研究所 気候変動適応センター 気候変動影響評...
0904河川砂防及び海岸海洋

沿岸海洋・防災研究部の研究動向について

2021-01-18 国⼟技術政策総合研究所 令和2年度 国総研講演会 沿岸海洋・防災研究部長 上島 顕司 沿岸海洋・防災研究部においては、頻発化・激甚化する高潮高波災害への対策、気候変動下における海域環境の保全・再生、人口減少...
0904河川砂防及び海岸海洋

土砂災害分野における災害時の技術支援と最新の研究

2021-01-18 国⼟技術政策総合研究所 令和2年度 国総研講演会 土砂災害研究部長 長井 隆幸 今年度発生した土砂災害の概要と技術支援等の状況について報告するとともに、土砂災害研究部の最新の研究である、「土砂・洪水氾濫」、...
0904河川砂防及び海岸海洋

流域治水に資する研究開発~河川研究部の最近の研究より~

2021-01-18 国⼟技術政策総合研究所 令和2年度 国総研講演会 河川研究部長 佐々木 隆 気候変動の影響や社会状況の変化を踏まえ、気候変動を考慮した治水計画とし、これまでの施設による治水を推進するとともに、河川流域のあら...
0904河川砂防及び海岸海洋

河川氾濫による水害の最小化に向けて、ダム放流計画の自動作成技術を開発

100年に一度の大雨でも緊急放流を回避し、下流のピーク流量を最大約80%低減、浸水を防ぐことが可能な放流計画を10分以内に立案 2020-12-15 株式会社日立製作所,株式会社日立パワーソリューションズ 株式会社日...
ad
タイトルとURLをコピーしました