ad

生態学術的な観点からの河川特性の評価に関する調査研究(外来植物の侵入予測とリスクマップの活用)

ad
ad
ad

An ecological study on evaluation of river characteristics (Prediction of invasion by invasive plants with application of risk maps)

リバーフロント研究所報告 第 31 号 2020 年 9 月

自然環境グループ 研 究 員 川村 設雄
自然環境グループ 研 究 員 内藤 太輔
主席研究員 宮本 健也

1. はじめに
わが国の河川では外来植物の侵入、分布が全国的に確認されている 1)。特に在来植物と競合するなど生態
系への影響が顕在化している、またはその可能性が高い外来植物の侵入が河川管理の課題となっている。
外来種の駆除対策には、その侵入初期段階で対応する予防的措置と拡散後に対応する対処的療法があるが、
前者のほうが経済性、効果発現性に有利とされている。
2018 年度の本研究所報告書では、外来種が繁茂する箇所の環境要素を統計的手法の CART(Classification And Regression Tree)により分析した結果を外来植物の侵入予測に適用できる可能性を報告した 2)。
本稿は、天竜川に繁茂するアレチウリを対象に、CART分析と最新の植生データを用いて予測したリスクマップ(侵入確率の分布図)の検討結果を以下に報告し、外来植物の駆除対策への活用方法を考察したものである。

2. 外来植物の繁茂に関する要因分析
2-1 外来植物の繁茂状況の変遷
5 年毎に実施される河川水辺の国勢調査(以下「水国」という)の植生データを用いて、天竜川(139km
~159km:長野県飯田市付近)におけるアレチウリの面積の経年変化(1km ピッチ)を整理した(図-1)。
侵入初期段階の 2006 年から 2011 年にかけて、アレチウリは急激に増加(侵入面積 区間①:16ha/10km,
区間②:3.3ha/10km)したが、その後の 2016 年調査でアレチウリの繁茂面積は減少に転じた。
2011 年から 2016 年の 5 年間では高水敷を冠水した出水や、河川工事といった外的要因(インパクト)は
ないものの、地域住民(NPO)による定期的な駆除活動(毎年 1 回の抜取り)が、アレチウリの減少要因の一
つとして考えられる。

図-1 天竜川におけるアレチウリの侵入面積の変遷
(水国植生データを用いて編集)

2-2 外来植物の繁茂に関する要因分析
アレチウリの侵入範囲について河川特性を把握するため、環境要素の重要度を分析した。ここで環境要素
は、外来植物の侵入範囲予測手法として適用実績 3)がある「比高」、「水際からの距離」、「植被タイプ(元々の植生)」等の 6 項目 10 種とした。
図-1に示したアレチウリの侵入が著しい区間①(139km~149km)を対象に、2011 年と 2016 年の植生
調査結果と各環境要素(説明変数)の重要度の分析結果を図-2に示す。
アレチウリの分布範囲における環境要素の重要度は、「比高:36%」と「植被タイプ:24%」の比率が高く、二項目の環境要素で 60%を占める結果となった。

タイトルとURLをコピーしました