ad

上信電鉄株式会社 上信線の踏切障害事故(令和3年12月30日発生)

ad

2022-10-27 運輸安全委員会

概要

報告書番号:RA2022-7-1
発生年月日:2021年12月30日
区分:鉄道
発生場所:上信線 東富岡駅~上州富岡駅間[群馬県富岡市] 栖雲寺踏切道(第4種踏切道:踏切遮断及び踏切警報機なし、高崎駅起点19k628m)
事業者区分:中小民鉄
事業者:上信電鉄株式会社(法人番号 5070001007099)
事故等種類:踏切障害事故
都道府県:群馬県
概要:
上信電鉄株式会社の高崎駅発下仁田駅行きの下り第19列車の運転士は、令和3年12月30日(木)、東富岡駅~上州富岡駅間を走行中、栖雲寺踏切道(第4種踏切道)にしゃがみ込んでいる通行者を認め、非常ブレーキを使用し、気笛を吹鳴したが、列車は同通行者と衝突した。
この事故により、同通行者が死亡した。
原因:
本事故は、踏切遮断機及び踏切警報機が設けられていない第4種踏切道である栖雲寺踏切道に進入した通行者及び自転車が停滞していたため、列車と衝突したことにより発生したものと認められる。
同通行者が同踏切道で停滞していた理由については、自転車が同踏切道内で横倒しになり同通行者が何らかの行為に意識を集中して列車の接近に気付かなかった可能性、又は何らかの要因で体を動かすことができなかった可能性が考えられるが、同通行者が死亡しているため詳細を明らかにすることはできなかった。
死傷者数:死亡1名(通行者)
公表年月日:2022年10月27日
報告書(PDF):公表説明資料

タイトルとURLをコピーしました