ad

バングラデシュ:ジャムナ鉄道専用橋建設事業(第二期)

ad
ad
ad

ODA(Jamuna Railway Bridge Construction Project (2))

国名 バングラデシュ
事業 有償資金協力
課題 運輸交通
借款契約(L/A)調印 2020年8月
借款契約額 890.16億円

プロジェクト紹介

バングラデシュは総延長約2,955キロメートルの鉄道網を有していますが、その施設・機材のほとんどは旧英領時代(1947年以前)に整備されたもので、老朽化が進んでおり、定量・定時・大量・安全・省エネという鉄道輸送の強みが十分発揮されていません。他方、同国及び近隣諸国の堅調な経済成長に伴い、コンテナ輸送需要が増加しており、コンテナ輸送を最も効率的に担う鉄道輸送能力の強化が課題となっています。本協力は、今後の鉄道輸送量増加に対応するべく、当国の中央を流れるジャムナ川を渡河する道路(片側2車線)と線路(単線)を有するジャムナ多目的橋の上流300メートル地点に、鉄道専用橋(複線かつ広軌・狭軌のデュアルゲージ)を建設することにより、鉄道輸送の需要への対応、既存橋の道路容量の拡大、持続性の向上及び安全性の改善を図り、当国内及び近隣諸国との輸送ネットワークの効率化に寄与します。

協力地域地図

ジャムナ鉄道専用橋建設事業(第二期)の協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

既存橋(1)(写真提供:大林組)

既存橋(2)(写真提供:大林組)

既存橋(3)(写真提供:大林組)

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

ジャムナ鉄道専用橋建設事業(第一期)

関連記事等

バングラデシュ向け円借款貸付契約の調印:急増する運輸・交通インフラ需要への対応と社会経済のさらなる発展に貢献

タイトルとURLをコピーしました