ad

柿田川における外来水生植物の駆除と在来水生植物の再生

ad
ad
ad

Eradication of invasive aquatic plants and restoration of indigenous aquatic plants in Kakita River

リバーフロント研究所報告 第 31 号 2020 年 9 月

自然環境グループ 研 究 員 中野 喜央
自然環境グループ 次 長 都築 隆禎
自然環境グループ 研 究 員 蔭山 一人
自然環境グループ グループ長 森 吉尚

1. はじめに
静岡県清水町を流れる柿田川は、湧水河川として知られており、ミシマバイカモなど貴重な水生植物が生育している。しかし、2003 年(平成 15 年)頃にオオカワヂシャなどの侵略的外来植物が移入・定着したことで、在来種への被圧・交雑の影響が懸念されていた。
これに対応するため、「柿田川自然再生計画」が 2012年(平成 24 年)3 月に策定され、2016 年(平成 28 年)3 月に改定され現在に至っている。今後、2021 年(令和 3 年)3 月には現計画の延長が予定されている。この延長予定の自然再生計画における水生植物の整備内容では、オオカワヂシャの駆除に加え、新たに在来種の再生がメニューとして挙げられている。

2. 外来種駆除の効果と在来種の生育状況
2-1 外来種オオカワヂシャの生育状況
当研究所では、2012 年から継続して柿田川における主な水生植物種の生育状況を確認している。
オオカワヂシャ(特定外来生物)については、2012年には柿田川の 0.45kp より上流側で生育が確認され(図-1)、その全体の生育面積は約 18,700 ㎡、密度の高い範囲(ブロン・ブランケの群度 5~3 に相当)も約 12,500 ㎡確認されていた。2012 年以後、全体の生育面積は 2014 年(平成 26 年)をピークに減少傾向ではあるが、大きな減少はみられていない(図-2)。しかし、密度の高い範囲は 2012 年以後大きく減少し、2019 年(令和元年)には 0.8kp 付近の約 250 ㎡まで範囲が縮減した。これは、地元の環境保護団体が主導す
る外来種駆除活動による効果が大きいと考えられる(図-3)。

2-2 在来種の分布状況
ミシマバイカモ、ナガエミクリ、カワヂシャ及びヒンジモといった貴重種を含む柿田川に生育する水生植物 10 種の、2012 年から 2019 年までの生育面積の経年変化を図-4に示す。
ミシマバイカモ(環境省レッドリスト 2019 のカテゴリ:絶滅危惧 IB 類。以下同様)については、確認を始めた 2012 年以後増加傾向にあり、2019 年には柿田川の 0.2kp より上流側に広く確認され(図-5)、生育面積は 2012 年の約 7,200 ㎡から約 19,300 ㎡と約 2.7 倍に増加している。
ナガエミクリ(準絶滅危惧)も 2012 年以後増加傾向にあり、その生育面積は 2019 年には約 3,200 ㎡と 2012年の約 1.7 倍となっている。カワヂシャ(準絶滅危惧)は 2012 年から 2013 年(平成 25 年)にかけて急増したのち安定し、2019 年に生育面積約 3,800 ㎡と 2012 年の約 20 倍となっている。
一方、ヒンジモ(絶滅危惧Ⅱ類)は 2012 年から 2013年にかけて急増したもののその後に漸減し、2019 年には生育面積約 230 ㎡が確認されるだけになっている。

タイトルとURLをコピーしました