ad

浚渫グラブバケット角度制御装置(KTK-190002-A)

ad
ad
ad

浚渫時にグラブバケットが常に船体法線を向くように制御するシステム

開発会社:若築建設株式会社
区  分:システム
NETIS登録技術
本技術は、グラブ浚渫工において、旋回時のグラブバケットを常に同一方向に制御するシステムで、従来は、旋回に応じてグラブ浚渫跡が扇状となるバケットで対応していた。本技術の活用により、浚渫時の重複割合を小さくできるため、作業効率が向上する。

※データの引用元は、
「NETIS ホームページ」国土交通省

ad
0905港湾及び空港NETIS
ad
ad


ad
ad
タイトルとURLをコピーしました