ad

実践的な多自然川づくりに関する調査研究

ad
ad
ad

A study for practical nature-oriented river management

リバーフロント研究所報告 第 31 号 2020 年 9 月

自然環境グループ 研 究 員 末永 匡美
自然環境グループ 研 究 員 内藤 太輔
自然環境グループ グループ長 森 吉 尚
主席研究員 宮本 健也
自然環境グループ 研 究 員 川村 設雄
自然環境グループ 研 究 員 和田 彰

本稿は、「河川法改正 20 年多自然川づくり推進委員会」によりとりまとめられた提言『持続性ある実践的多自然川づくりに向けて』を踏まえ、現場で多自然川づくりの取組みが徹底されるために必要な取組みのあり方の検討結果を報告するものである。提言では対応方針として、多自然川づくりの技術的なレベルアップを目指すために、大河川、中小河川、都市域などの河川の特徴や性質に応じた技術的手法を検討することが必要であると指摘されている。また、多自然川づくりアドバイザーの養成を目指し、多自然川づくりアドバイザーの基本的な助言事項等の考え方をまとめることの必要性について示されている。
そこで、都市河川に関しては、「多自然川づくりポイントブックⅢ」(以下「ポイントブックⅢ」という)適用が必ずしも現実的ではない場合もあることから、ポイントブックⅢの適用範囲を整理し、都市河川における多自然川づくりの課題を検討した上で、都市河川の類型化、及び限られた用地内での断面形状の評価・改善方法を解説した技術資料を検討した。大河川に関しては、最新の知見や、本技術資料の活用を想定している大河川での多自然川づくりの実務に携わる関係者からの意見を基に、川づくりに関する研究者、実務担当者等で構成される「多自然川づくり技術検討会」を通して、「大河川における多自然川づくり~Q&A 形式で理解を深める」(以下「大河川 QA」という)の Q&A 修正、新たな Q&A の追加、事例の充実等を図り、計画・設計・施工や管理に適用可能な大河川 QA 改定を検討した。また、昨年度の研究において作成された「多自然川づくりアドバイザーハンドブック(素案)」を、令和元年度に発生した大規模災害に伴う激特事業等の河道計画策定時に活用し、そこで得られた知見を踏まえて、多自然川づくりアドバイザーハンドブック(案)を検討した。

キーワード: 多自然川づくり、都市河川、大河川、災害復旧

This paper reports on the conclusions reached in a discussion on necessary measures for ensuring thorough natureoriented river management on the field level based on a recommendation by the Nature-oriented River Management Promotion Committee on the 20th anniversary of the revision of the River Act. In order to technically advance natureoriented river management, this recommendation entitled “Toward Sustainable and Practical Nature-oriented River Management” points out the need for discussing technical methods according to the characteristics and nature of rivers (whether they are large, medium-sized, small, urban, and so forth). In order to train advisors on nature-oriented river
management, it also calls for the compilation of basic advice and other key ideas to be shared by them.
Against this background, the application of “Key Points for Nature-oriented River Management – Book III” to urban rivers was deemed to be unrealistic in some cases. Hence, the scope of application of the book was sorted out. After examining issues involving nature-oriented management of urban rivers, a review was conducted with a technical material explaining the classification of urban rivers and methods for evaluating and improving cross-sections in a limited site. For large rivers, revision of questions and answers for deepening understanding on their nature-oriented management was considered for their application in its planning, designing, necessary infrastructure construction, and
implementation. The modification and addition of questions and answers, as well as richer case studies were sought by the technical study team for nature-oriented river management which consisted of researchers and practitioners of river management. They took into account the latest findings and opinions of practitioners engaged in nature-oriented management of large rivers, to which the application of the technical material was intended. Another discussion was held about drafting a proposal for a handbook for advisors on nature-oriented river management based on findings gained from the application of its preliminary draft from studies conducted in the previous fiscal year to river channel planning in urgent response to major disasters in fiscal year 2019.

タイトルとURLをコピーしました