ad

3 次元計測データ処理ソフトウェア「Railway-Eye」の共同開発および一般販売について~鉄道設備計測・設計の DX を推進します~

ad

2022-05-17 株式会社富士テクニカルリサーチ,東日本旅客鉄道株式会社

株式会社富士テクニカルリサーチ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:名取孝、以下「FTR」)と東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤 祐二、以下「JR 東日本」)は、3次元計測データ処理ソフトウェア「Galaxy-Eye」※1に、鉄道向けの処理機能を搭載した「Railway-Eye」を共同開発し、一般販売を開始します。本ソフトウェアの導入により計測・設計業務等の DX を推進します。

※1 3 次元計測データ処理ソフトウェア「Galaxy-Eye」について
3D レーザースキャナーにより取得した 3D 計測データ(点群)の処理ソフトウェアで、FTR が開発販売しています。計測データをもとに配管等のモデリングや移動体干渉チェック、レイアウト検討機能など数多くの機能を搭載し、現場のデジタル化を支援します。自動車、電力、化学、鉄鋼、建設業界など多数の業界で活用されています。

1. 「Railway-Eye」の具体的な機能
「Railway-Eye」は、従来の「Galaxy-Eye」に搭載されている汎用的な寸法計測やモデリング機能をベースに、鉄道向けに特化した点群・3D モデルの処理機能拡張を実現しました。

タイトルとURLをコピーしました