ad

パキスタン:サッカル市における気象レーダー設置計画

ad
ad
【アウトレット 29%OFF】ソーダストリーム SPIRIT(スピリット)スターターキット
ad

ODA(The Project for the Installation of Weather Surveillance Radar in Sukkur City)

国名 パキスタン
事業 無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題 水資源・防災
贈与契約(G/A)締結 2021年1月
供与額 19.86億円

プロジェクト紹介

パキスタンは北部に8,000メートル級の山々がそびえ、国土の中央をインダス川が縦断しているため、大雨による洪水や鉄砲水、地滑り等が発生しやすい地形をしています。同国では、これらの災害で深刻な社会経済発展の停滞が生じており、被害を軽減するために、パキスタン気象局の観測能力を向上させ、自然災害の危険の予測と予警報を更に迅速に適時・適所へ配信することが強く求められています。現在、日本の無償資金協力により気象レーダーの整備が進められていますが、中部・南部地域にはレーダーの観測範囲外の地域が存在しています。今回の協力は、同国のシンド州サッカル市において、新規気象レーダーシステムを設置することにより、パキスタン気象局の気象観測能力の向上を図り、同国における洪水や土石流等の自然災害による被害の軽減及び人間の安全保障の確保と社会基盤の改善に寄与します。

協力地域地図

サッカル市における気象レーダー設置計画の協力地域の地図

事業評価

評価結果

報告書

協力現場の写真

パキスタン気象局(PMD)、イスラマバード本局、国家気象予報センター。本案件で気象レーダーデータ表示システム用機材を設置する。

本案件での気象レーダー塔の建設予定地。

関連情報

関連・連携プロジェクト

ムルタン市気象レーダー整備計画

関連記事等

パキスタン向け無償資金贈与契約の締結:新規気象レーダーの設置を支援し、洪水や土石流等の自然災害による被害の軽減に貢献

パキスタン・イスラム共和国に対する無償資金協力「サッカル市における気象レーダー設置計画」

タイトルとURLをコピーしました