ad

都市の緑視率を AI で瞬時に計測~AI を利用した緑視率調査プログラムの開発・公開について~

ad

2021-05-25 国土技術政策総合研究所

国総研は、地方公共団体における緑化施策の検討に緑視率を活用しやすくするために、緑視率調査を行う上で大きな手間となっている写真に写っている緑を人が読みとる作業を AI を利用して自動で行う AI 緑視率調査プログラム(試行版)を開発し、無料配布を開始しました。地方公共団体の皆様、ぜひお試しください。

■AI 緑視率調査プログラムの特長

このプログラム(パソコン用ソフト)は、AI が写真に写っている樹木などの緑を瞬時に抽出して緑視率を算出します。従来の調査の手間やコストを大幅に削減することができます。詳細は、別紙をご参照ください。

■AI 緑視率調査プログラムの入手方法

国総研 都市開発研究室のホームページから、入手申込みができます。まずは、試行版として地方公共団体とそのコンサルタントを対象に公開したのち、一般公開を予定しています。

詳細は、http://www.nilim.go.jp/lab/jeg/green.html をご覧ください。

(問い合わせ先)

国土技術政策総合研究所 都市研究部 都市開発研究室

主任研究官 大橋 征幹

室 長 石井 儀光

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました