ad

境川修景整備計画(案)の検討

ad
ad
ad

Consideration on a proposed landscaping plan for Sakai River

リバーフロント研究所報告 第 31 号 2020 年 9 月

まちづくり・防災グループ 研 究 員 二瓶 智
技 術 参 与 土屋 信行
主席研究員 水草 浩一
まちづくり・防災グループ 研 究 員 阿部 充
まちづくり・防災グループ 研 究 員 佐治 史

1. はじめに
かつては漁師まちであった千葉県浦安市。そのまちの中心を流れ市民の生活と密接に関わってきた一級河川利根川水系境川(以下「境川」という)を、市の顔として誇れるように整備するため、昭和 63 年に境川水辺空間整備基本計画(案)、平成 2 年には境川環境整備基本計画を策定し、現在、元町エリアの新橋~東水門の中流区間(B・C ゾーン)において、千葉県の河川環境整備事業とあわせて、水辺空間の修景整備事業が行われている。
一方、西水門~新橋の上流区間(A ゾーン)及び東水門から河口に至る下流区間(D ゾーン)については修景
整備が未着手、或いは親水性が不十分であると認識されている。
本検討は学識者と市庁内関係部署で構成された境川修景整備検討会(以下「検討会」という)を開催し、平成 2 年境川環境整備基本計画では未計画、未着手である区間を中心に、境川の水辺空間全体の修景整備に向けた計画(案)として取りまとめたものである。

図-1 ゾーン設定

2. 検討会概要
2-1 検討会メンバー
検討会の会長には、水辺都市の空間構造に関する研究を専門とし、国内外を問わず水辺のまちづくりに関する知見を広く有している法政大学陣内特任教授に、副会長には、景観部門の専門であり土木学会デザイン賞選考委員会委員長、また平成 2 年度の境川修景検討部会の部会員でもあった早稲田大学佐々木教授に務めて戴いた。その他会員として、市役所から企画部長、市民経済部長、都市整備部長、一般社団法人浦安観光コンベンション協会専務理事に、そして、オブザーバーとして千葉県葛南土木事務所次長に参加戴いた。

2-2 検討会開催
対象範囲は A 及び D ゾーンとし、D ゾーンにおいては第 1 期埋立地部である D1 と第 2 期埋立地部である
D2 に分け、更に D1 を公共施設が集中する D1-1 と住宅街である D1-2 に分けて検討を行った。
検討会は全 3 回とし、表-1の日程で開催した。第1 回では、事務局より境川及び周辺市街地の現状と課題及び整備方針事務局案等について説明し、検討会メンバーから意見等を聴取した。第 2 回では第 1 回の議論等を踏まえ修正した整備方針案を基に議論し、第 3回で本検討会の最終的な整備方針案としてとりまとめた。

タイトルとURLをコピーしました