ad

直方市街部の堤防嵩上げに伴う河道掘削に係る検討

ad
ad
ad

Consideration on river channel excavation associated with urban riverbank regrading in Nogata

リバーフロント研究所報告 第 31 号 2020 年 9 月

まちづくり・防災グループ 研 究 員 二瓶 智
まちづくり・防災グループ グループ長 阿部 徹
主席研究員 水草 浩一
まちづくり・防災グループ 次 長 竹内 秀二
まちづくり・防災グループ 研 究 員 佐治 史
まちづくり・防災グループ 研 究 員 阿部 充

1. はじめに
福岡県直方市中心市街地に接する遠賀川の左岸側堤防(勘六橋~日の出橋区間)は、2004 年 6 月に策定された「遠賀川水系河川整備計画【大臣管理区間】」に対して堤防高さが不足している。その上、近年では、2012年 7 月に氾濫危険水位を超過する出水、さらに 2018 年7 月には計画高水位を上回る観測史上最高水位を記録する出水が生じており、住民から早期の堤防整備を望まれている。
これらを受けて今後の河川改修内容としては左岸側堤防嵩上げに際し、管理用道路の設置(堤防天端幅の拡幅)や背後地の市街地側との接続の関係に伴う堤防法線の前出しにより河積が減少するため、右岸合流部(彦山川合流部)を予め掘削する計画となっている。なお、右岸合流部は春にはチューリップフェア、夏には花火大会が開催されるなど、多くの市民に利活用される場所となっており、整備後の利活用を踏まえた掘削計画が求められる。
上記背景の下、本検討は右岸合流部の掘削形状についてワークショップを開催し、市民意見を聴取しまとめたものである。

図-1 直方市中心市街地と遠賀川

2. ワークショップ概要
2-1 参加者
ワークショップ参加者として、将来の理想の遠賀川を描いた「遠賀川夢プラン」を作成した「直方川づくり交流会」(1996 年発足)の方々や、まちを元気にするために遠賀川の利活用について議論を行ってきた「市民部会」(2004 年発足)の方々に参画戴いた。関係機関としては、河川管理者である遠賀川河川事務所、直方市役所等の方々に参画戴いた。
また、「市民部会」でのアドバイザーでもあり、過去に遠賀川での景観や空間利用について研究実績のある九州大学の樋口准教授をファシリテーターとして、同研究室荒巻テクニカルスタッフにも参画戴き、計 28 名の参画者数での開催となった。

2-2 ワークショップ日程
ワークショップは表-1の日程で計 3 回、場所は本検討箇所近くにある遠賀川水辺館にて開催した。
第 1 回では、河川管理者から参加者へワークショップ開催趣旨と、右岸合流部の掘削範囲等について説明し、参加者から利活用等に関する意見を聴取した。第2 回では、第 1 回で出された意見に対する右岸合流部
の掘削形状や整備後の散策路、イベント会場の配置等に関して意見交換を行った。第 3 回では、第 1 回~第
3 回目までに出された意見等を反映した右岸合流部掘削形状や利活用等のとりまとめとした。

表-1 ワークショップ日程

2-3 ワークショップ実施方法
ワークショップ実施方法として、グループ分けはせずに、参加者全員が 1 つのテーブルを囲み、着席の際は行政機関や市民の方々をそれぞれ固まらないよう分散させることによって、参加者全員が意見交換しやすくなるよう配慮した。
また、テーブル上には全 3 回とも右岸合流部の粘土模型を準備した。参加者にはこの模型を活用しながら意見交換をしてもらい、右岸合流部の利活用等を考慮した掘削形状案に関する本ワークショップの成果としてとりまとめた。

タイトルとURLをコピーしました