ad

カンボジア:プノンペンにおける下水道整備計画

ad
ad
ad

ODA(The Project for Sewerage System Development in Phnom Penh)

国名 カンボジア
事業 無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題 環境管理
贈与契約(G/A)締結 2019年11月
供与額 27.77億円

プロジェクト紹介

カンボジアの首都プノンペンでは、汚水は腐敗槽から開水路を通って湖沼・湿地帯で自然浄化されていますが、腐敗槽等の維持管理は不十分であり、処理が不完全なまま湖沼などに放流され、環境衛生等に悪影響を与えています。近年の急速な都市化と人口増加により汚水量は増加し、また湖沼・湿地帯の埋め立ても進んだことで、自然浄化機能も低下し、下水道施設整備等の対策が必要となっています。本協力は、プノンペン都チュングエッグ湖において、下水道処理施設の建設等を行うことにより、プノンペンの汚水を適切に処理しチュングエック湖流域への汚濁負荷の削減を図り、同国の生活の質向上に寄与します。

協力地域地図

プノンペンにおける下水道整備計画の協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

プノンペン都内の水路の状況。市街地からの汚水が下流のチュングエック湖に流下する。

下水管建設予定地付近(雨季の状況)。

下水処理場建設予定地につながる排水路の維持管理用道路中間地点付近。違法埋立のために、水路幅が細くなっている。

下水処理場建設予定地。

チュングエック湖の出口付近。本調査の中で実施された水位調査のモニタリング地点。

水位調査のために設置した水位標。

土質調査ボーリングの状況。

関連情報

関連記事等

カンボジア向け無償資金贈与契約の締結:プノンペン初の公共下水道施設の整備を通じた首都住民の生活環境改善に貢献

カンボジアにおける水・衛生環境改善のための無償資金協力に関する書簡の交換

タイトルとURLをコピーしました