ad

エチオピア:農業及び森林・自然資源管理を通じた気候変動レジリエンス強化プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Project for Strengthening Climate Resilience through Climate-Smart Agriculture, Forestry, and Natural Resource)

国名 エチオピア
事業 技術協力
課題 自然環境保全、農業開発/農村開発
協力期間 2021年3月〜2026年3月

プロジェクト紹介

エチオピアは、農業セクターがGDPの約4割を占める農業立国であり、国民の8割以上が農村に居住し、その大部分が自然資源に頼って生活しています。国土面積の2割弱を占める半乾燥地域では、人口増加に伴う薪炭材の過剰採取や農地開拓のための森林伐採、さらに土壌や生態系への配慮が不十分な農業、過放牧などにより土壌浸食が進行しています。このような状況から、同国は、特に気候変動に脆弱とされています。オロミア州は人口、面積ともにエチオピア最大の州であり、州面積の20パーセントが半乾燥地域です。日本は同国政府に対し、2000年代から特にオロミア州において自然資源管理や農業分野での協力を行ってきました。また、2013~2018年には、技術協力として、土壌保全を図りつつ農業生産性を向上させる持続的な自然資源管理に資するFFS(ファーマー・フィールド・スクール)型の参加型普及システムの制度化に取り組み、その実践ガイドラインを策定しました。今回の協力では、同州における気候変動レジリエンス(強靭性)強化のための行動計画の策定及び農業・自然資源管理の実施促進のための体制強化と、その成果を踏まえた連邦(中央)政府の政策強化により、連邦・オロミア州政府の気候変動レジリエンス強化のための能力強化を図り、同国における気候変動レジリエンスの促進に寄与します。

プロジェクトのウェブサイト

協力地域地図

農業及び森林・自然資源管理を通じた気候変動レジリエンス強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

ファーマーフィールドスクール(FFS)の導入研修の様子

アボカドの接ぎ木を実践する修参加者の女性

FFSのモニタリング活動を支援するプロジェクト専門家

フィールドデイで近隣住民に活動内容を伝える女性

研修を通じて初めて栽培したビーツを収穫する農家の女性

研修で行う比較実験の取りまとめを行う様子

比較実験について発表する研修参加者

森林コーヒーの計画を議論する様子

農家が生産する苗木の育成状況を視察する様子

関連情報

関連・連携プロジェクト

オロミア州リフトバレー地域におけるFFSを通じた持続的自然資源管理プロジェクト

REDD+及び付加価値型森林コーヒー生産・販売を通じた持続的な森林管理支援プロジェクト

タイトルとURLをコピーしました