ad

インドネシア:船舶航行安全システム開発整備計画改訂プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(The Project for Review the Study for Maritime Traffic Safety System Development Plan)

国名 インドネシア
事業 技術協力
課題 運輸交通
協力期間 2019年3月〜2023年1月

プロジェクト紹介

日本は、2000年~2002年にかけてインドネシア「船舶航行安全システム開発整備計画調査」を実施し、同国における船舶航行安全システムの整備計画(以下、「前回M/P」)を策定しました。それから既に10年以上が経過し、その間の同国の経済成長に伴う船舶航行量の増加など社会経済環境が大きく変化しており、当時の計画と現状とのギャップが生じています。また、同国の海洋国家構想のもと、海上物流の強化を図ることの検討も行われており、今後の船舶航行安全システム整備の検討を進めるため、同国からは前回M/Pを改訂して新たな整備計画の策定に係る開発計画調査型技術協力プロジェクトの要請がなされました。
この協力は、既存の船舶航行安全システム開発整備計画及びインドネシア領海内における船舶の航行安全のための各種システムの現状確認、国際標準に準拠した船舶航行安全システムの整備計画への改訂、およびフィージビリティスタディの策定を行うことにより、インドネシア領海内を航行する船舶の航行安全に寄与します。

協力地域地図

船舶航行安全システム開発整備計画改訂プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

ミーティングの様子1

ミーティングの様子2

VTSセンター(Pontianak)1

VTSセンター(Pontianak)2

タイトルとURLをコピーしました