ad

バングラデシュ食品安全庁査察・規制・調整機能強化プロジェクト

ad
ad
【アウトレット 29%OFF】ソーダストリーム SPIRIT(スピリット)スターターキット
ad

ODA(The Project for Strengthening the Inspection, Regulatory and Coordinating Function of the Bangladesh Food Safety Authority)

国名 バングラデシュ
事業 技術協力
課題 保健医療
協力期間 2021年5月〜2026年4月

プロジェクト紹介

バングラデシュでは、国内の食品汚染に関するモニタリングシステムが不十分であり、健康被害の状況が正確に把握できていません。同国で市販されているコメ・野菜・魚などから、耐容一日摂取量を超えるカドミウムや鉛等の重金属の検出が報告されるなど、食品汚染による健康への影響も懸念されています。さらに、国内消費に留まらず、食品加工品が世界144か国以上に輸出されており、今後も輸出額は増加が見込まれています。このように食品安全の重要性が増す中で、同国政府は2013年に食品安全法を制定し、2015年には食品安全庁(BFSA)を設立しました。しかし、BFSAと関係機関の不明確な役割分担、中央政府と地方政府の連携不足、食料安全検査官の能力不足や標準化されていない検査手法、食品安全の当事者(食品事業者や一般市民)への不十分な啓発活動等が課題となっています。本協力は、BFSAの食品安全行政を実施するための食品安全検査の実施・報告に関する管理体制の強化、食品安全監視・監督体制の構築、食品検査室の連携体制の強化、消費者の食品安全に対する意識啓発に向けた活動を通じて、BFSAの食品安全に関する査察・規制・調整機能を強化し、同国における食品安全管理体制の向上に寄与します。

協力地域地図

バングラデシュ食品安全庁査察・規制・調整機能強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

ダッカのカルワン市場1(写真提供:IC NET, Ltd.)

ダッカのカルワン市場2(写真提供:IC NET, Ltd.)

ダッカのカルワン市場3(写真提供:IC NET, Ltd.)

フィールドオフィサーワークショップ(写真提供:IC NET, Ltd.)

ラッシャヒのパン屋(写真提供:IC NET, Ltd.)

関連情報

関連記事等

バングラデシュ向け技術協力プロジェクト討議議事録の署名:バングラデシュ全土の食品安全検査システム改善に貢献

タイトルとURLをコピーしました