ad

モルドバ:国立図書館デジタル化機材整備計画

ad
ad
ad

ODA(The Project for the Improvement of Digitization Equipment of the National Library)

国名 モルドバ
事業 無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題 教育
贈与契約(G/A)締結 2020年7月
供与額 0.44億円

プロジェクト紹介

モルドバ政府は、民主化・市場経済化政策の一環として「文化セクターの情報化に係る国家プログラム(2012-2020)」を定め、文化遺産としての価値を有する書籍類、音響・映像資料、芸術美術作品等や、公文書、一般図書等をデジタルアーカイブ化により長期保存するとともに、デジタル・インフラ網の整備による国民の文化遺産等へのアクセス向上を計画しました。しかし、全国の古書籍や貴重書のデジタル化を推進し、デジタル図書館ポータルサイトを通して一般に公開することが求められている国立図書館においては、デジタル化に使用する機材が不足しており250万冊を超える蔵書のデジタル化は遅々として進んでいません。本協力は、国立図書館において、デジタルアーカイブ化機材を整備することにより、資料の長期的保存及び広く国民に対し閲覧機会を提供する環境の整備を図り、これにより同国の公共サービスの質の向上による生活水準向上と民主化意識の醸成に寄与します。

協力地域地図

国立図書館デジタル化機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

報告書

協力現場の写真

国立図書館本館正面

国立公文書館が所蔵する古書。古いものでは1500年代のものからある

国立図書館内マイクロフィルム用保管棚とマイクロフィルム

関連情報

関連記事等

モルドバに対する一般文化無償資金協力 「国立図書館デジタル化機材整備計画」に関する書簡の交換

タイトルとURLをコピーしました