ad

多自然川づくりサポートセンターにおける技術支援報告

ad
ad
ad

A report on technical assistance provided by the Nature-oriented River Management Support Center

リバーフロント研究所報告 第 31 号 2020 年 9 月

自然環境グループ 研 究 員 末永 匡美
自然環境グループ グループ長 森 吉 尚
主席研究員 宮本 健也
自然環境グループ 研 究 員 内藤 太輔
自然環境グループ 研 究 員 白尾 豪宏
自然環境グループ 次 長 都築 隆禎
まちづくり・防災グループ 研 究 員 阿部 充

1. はじめに
平成 2 年から始まった多自然川づくりの推進に合わせて、(公財)リバーフロント研究所では全国の多自然
川づくりへの活動支援を継続的に実施している。本稿は令和元年度の支援活動の内容について報告する。

2. 多自然川づくりサポートセンターとは
「多自然川づくり」においては、「多自然川づくり基本指針」(平成 18 年 10 月)や「中小河川に関する河道計画の技術基準」(平成 20 年 3 月策定、平成 22 年 8 月改訂)等を基本としつつも、実際の現場に応じてその適応を考えることが必要である。
多自然川づくりサポートセンター(以下「サポートセンター」という)は、現場における多自然川づくりの知見、優良事例の収集、収集した知見の全国発信・普及を行うことを目的として、平成 20 年 2 月(公財)リバーフロント研究所に設置された。
サポートセンターの目的は以下のとおりである。
(1)技術資料の作成・公表
(2)技術の普及・人材育成
(3)河川整備の現場からの問い合わせ対応
(4)川づくりのプロセスに関するサポート

3. 令和元年度の活動実績
令和元年度は、(3)河川整備の現場からの問い合わせ 3 件(意見・相談 2 件、現地派遣依頼 1 件)、(4)
川づくりのプロセスに関するサポート 3 件(意見・相談 2 件、講習会等への講師派遣依頼 1 件)の合計 6 件
に対応した(図-1参照)。

タイトルとURLをコピーしました