ad

河川水辺の国勢調査鳥類マニュアル改訂による 確認状況の一考察(その 3)

ad
ad
ad

Consideration of the confirmed condition through the revision of the avian manual of the National Census on River Environment (Part 3)

リバーフロント研究所報告 第 31 号 2020 年 9 月

自然環境グループ 研 究 員 蔭山 一人
次 長 都築 隆禎
主席研究員 宮本 健也

1.はじめに
「平成 28 年度版河川水辺の国勢調査 基本調査マニュアル[河川版]」の改訂版が平成 28 年 1 月に公表され
た。この改訂に伴い、スポットセンサス法による調査個所間隔を 1km 毎から、河川管理区間延長が 30km 以上の河川については 2km 間隔に変更 2)するとともに、河川環境縦断区分ごとにホットスポットを設定し、必要に応じて調査箇所を追加することとなった。
調査箇所の変更は、これまでの調査結果から、確認種数が改訂前の 90%以上であることを確認して設定し
ている。これは、調査手法の見直し等によるコスト縮減を図るため、河川水辺の国勢調査改善検討委員会において検討したものである。
本稿では、平成 28 年度、平成 29 年度の調査結果の検証に引き続き、平成 30 年度調査についても同様に、
マニュアル改訂前後のスポットセンサスの出現状況から、マニュアル改訂による調査結果への影響の検証を行った。

2. 検証対象河川
検証対象となる河川は、H28 年度から H30 年度の 3 か年で実施された鳥類調査のうち、河川管理区間延長が30km 以上でスポットセンサス法による調査個所が 2km間隔となった 19 水系 26 河川である(表-1)。

表-1 各年度の検証対象河川数

3. 検証結果
スポットセンサスの確認種数を目別に集計し、マニュアル改訂前後の種数の比較を行った。また、減少が見られた目の種の生態から要因について検証した。
検証の結果 19 水系 26 河川のうち、前回調査に対する確認種数の割合が 90%以上の河川は 17 河川(65.4%)で、90%を割り込んだ河川は 9 河川(34.6%)であった。この 9 河川のうち、網走川、高瀬川、鬼怒川、中川、円山川の 5 河川については 85.0%未満とさらに大きく割り込んでいた。

タイトルとURLをコピーしました