ad

タジキスタン:救急車両整備計画

ad
ad
ad

ODA(The Project for the Provisin of Ambulances)

国名 タジキスタン
事業 無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題 保健医療
贈与契約(G/A)締結 2019年7月
供与額 7.71億円

プロジェクト紹介

タジキスタンでは、突発的で緊急の措置が求められる心血管疾患や交通外傷による死亡が増加傾向にあり、また、新生児・乳児・妊産婦死亡率は未だに高く、救急医療サービスの需要が拡大しています。しかし、現状では、救急車両の老朽化や台数不足は深刻で、救急車に搭載されるべき除細動器・人工呼吸器などの救急措置機材も不足しています。同国の国土の多くは山岳地帯で、未整備な道路が多く、雨季や降雪季には路面がぬかるみ、凍結します。そのため、山奥などの僻地へのアクセス可能で、堅牢な4輪駆動車(4WD)の整備と救急車両内での救急救命処置に対応可能な搭載機材の整備が喫緊の課題となっています。この計画は、タジキスタン全土の市及び郡レベルの病院に基本的な医療機材を搭載した救急車や専門医療サービスの提供が可能な救急車を整備するものです。

協力地域地図

救急車両整備計画の協力地域の地図

事業評価

報告書

協力現場の写真

ドウシャンベ救急病院ディスパッチセンター救急車

ドウシャンベ救急病院電話受付ステーション

第一産科病院車両搭載用超音波診断装置。ドゥシャンベ

救急車。ハトロン州ヌーレク市

車両全景。ゴルノ・バダフシャン自治州ダルボーズ

車両全景救急車両内部。ゴルノ・バダフシャン自治州ダルボーズ

救急車両内部。ゾグド州アシュト

関連情報

関連記事等

タジキスタンに対する雪害復旧対策及び救急医療体制の改善に資する無償資金協力に関する書簡の交換

タイトルとURLをコピーしました