ad

ペルー権侵害及び暴力被害住民への包括的ヘルスケア強化プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Integrated Health Care for People Affected by Violence and Violation of Human Rights in the Republic of Peru)

【写真】プロジェクトの様子

国名 ペルー [協力地域地図]
協力期間 2005年3月~2008年3月
事業 技術協力
課題 保健医療

プロジェクトの紹介

ペルーでは、1980年から2000年にかけて、ペルー政府とテロリストの対立により、特に貧困層が集中する農村地域を中心に大規模な破壊活動が行われました。その結果、暴力被害を受けた住民とその家族は、貧困のみならず心的外傷後の精神的あるいは身体的な健康障害に苦しんでいます。社会の中に「精神病」に対する偏見が強くあり、保健医療機関を訪れたとしても悩みを打ち明けにくい状況であり、最初に接する一次・二次レベルの保健医療従事者が、暴力による被害状況を理解し、柔軟に対処できる能力を身につけることが重要と認識されていました。この協力では、モデルとなる対象地域の保健医療従事者および保健プロモーター(健康増進活動に従事する無資格(ボランティア)の保健サービス提供者)に対し、包括的ヘルスケアおよび母子保健に関する研修講師としての実施能力育成を行いました。これにより、被害者の包括的ヘルスケアの利用促進と健康状態の改善を図りました。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8

キャプション

  1. 母子周産期研究所での保健研修の様子
  2. 暴力被害対策の取り決めに関する自治体の署名式(フニン)
  3. コールプレイを通じて暴力被害者へのケアを学ぶ保健プロモーター
  4. 研修を修めた保健プロモーターの皆さん(ワイカン)
  5. ルーレットゲームを用いて暴力に関する啓発を行う保健プロモーター(ワイカン)
  6. 道化師を通じて子どもたちへ暴力に関する啓発を行う(ワイカン)
  7. 被害者へのインタビュー(アヤクチョ)
  8. メンタルヘルス治療の記録(東部リマ)

事業評価情報

評価結果要約(事前・中間・終了時・事後ほか要約表)

報告書(JICA図書館ポータルサイト)

タイトルとURLをコピーしました