ad

マラウイ:リロングウェ市における変電所改修計画

ad
ad
ad

ODA(The Project for the Improvement of Substations in Lilongwe City)

国名 マラウイ
事業 無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題 資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結 2021年10月
供与額 28.91億円

プロジェクト紹介

マラウイの電化率は、11パーセントとサブサハラ・アフリカの平均値35パーセントと比較しても極めて低く(Population and Housing Census, 2018年)、またピーク時の電力需要は発電設備容量を超えており、発電能力の増強が最優先の課題となっています。また、送変電設備に関しては、多くの変電所の変電能力が既に限界にきており、老朽化も激しく、将来の電力供給量の増加に送配電設備が対応できないことが見込まれています。特に首都リロングウェ市近郊のカネンゴ変電所とオールドタウン変電所では、設備の老朽化によるトラブルが停電回数の増加を引き起こし、住民の不満の蓄積、運用・保守費用の急激な増加、産業集積地域に対する電力供給制限に伴う経済的な損失の拡大に繋がっているなど各種問題が顕在化しています。この協力は、首都リロングウェ市に位置するカネンゴ変電所とオールドタウン変電所において、変電設備を改修することにより、産業集積地域及び市内中心部への電力供給力の向上を図り、各種産業の活性化や外国企業誘致の促進並びに市民生活の改善に寄与します。

協力地域地図

リロングウェ市における変電所改修計画の協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真


オールドタウン変電所-ドローンによる空撮(写真提供:八千代エンジニアリング)


オールドタウン変電設備の様子-ドローンによる空撮(写真提供:八千代エンジニアリング)


オールドタウン変電所-制御・保護盤の様子(写真提供:八千代エンジニアリング)


オールドタウン変電所-電力会社による運用・維持管理の様子(写真提供:八千代エンジニアリング)


カネンゴ変電所-ドローンによる空爆(写真提供:八千代エンジニアリング)


カネンゴ変電所-変電背指の様子(写真提供:八千代エンジニアリング)


カネンゴ変電所-制御・保護盤の様子(写真提供:八千代エンジニアリング)


カムズ中央病院-オールドタウン変電所から電力供給されている(写真提供:八千代エンジニアリング)

関連情報

関連記事等

マラウイ向け無償資金贈与契約の締結:変電所改修・増強により首都リロングウェ市の電力供給安定化に貢献

タイトルとURLをコピーしました