ad

シェール貯留層は「リチウムの実質的な供給源」になる可能性がある(Shale Reservoirs Could be ‘Substantial Source of Lithium’)

ad
ad
ad

新たなリチウム源として石油系ロックブラインの可能性を提示 University of Houston Researcher Lays Out Potential of Petroleum-Based Rock Brines as New Lithium Source

2022-05-17 ヒューストン大学(UH)

世界市場ではリチウムの供給が不足しており、その価格は近年大きく変動している。

ヒューストン大学カレン工学部石油工学科のKyung Jae Lee助教授は、Energy Reportsに掲載された論文の中で、石油を原料とするロックブラインがリチウムの新たな供給源となる可能性を示している。

Lee助教授は、ペンシルベニア州のマーセラス・シェール現象の研究を通じて、生産された天然ガスや石油とともに、プロデュースウォーター(石油や天然ガスを採取する際に副産物として出る水)にも高濃度のリチウムが含まれていることを発見した。

<関連情報>

リチウムの新しい供給源としての石油ロックブラインの可能性:流域スケールのモデリングと局所感度解析からの知見 Potential of petroleum source rock brines as a New Source of Lithium : Insights from basin-scale modeling and local sensitivity analysis

Energy Reports  Published:11 December 2021

DOI:https://doi.org/10.1016/j.egyr.2021.11.279

タイトルとURLをコピーしました