ad

ケニア:アフリカ型イノベーション振興・JKUAT/PAU/AUネットワークプロジェクト(フェーズ2)

ad
ad
ad

ODA(AFRICA-ai- JAPAN African Union Project – African Innovation – JKUAT AND PAUSTI Network Project(Phase 2))

国名 ケニア
事業 技術協力
課題 教育
協力期間 2020年6月〜2025年6月

プロジェクト紹介

ケニアのジョモ・ケニヤッタ農工大学(JKUAT)は、アフリカ連合委員会が2008年に立ち上げた「汎アフリカ大学(PAU)構想」の下で、アフリカにおける「科学技術イノベーション(STI)」分野の人材育成拠点(汎アフリカ大学 基礎・科学・技術院:PAUSTI)のホスト大学に選ばれました。JKUATは、日本が1970年代の設立準備段階から長年支援してきた大学で、日本の大学や民間企業と独自の協力関係を構築しながら、ケニア有数の農工大学に発展しています。この協力(フェーズ2)では、アフリカに特徴的なSTIに繋がる研究成果の創出とその実用化促進、アフリカ域内外の高等教育機関とのネットワーク構築によって、JKUAT及びPAUSTIがSTI分野における拠点の教育・研究機関として確立することを図り、アフリカの開発課題解決に寄与します。

プロジェクトのウェブサイト

協力地域地図

アフリカ型イノベーション振興・JKUAT/PAU/AUネットワークプロジェクト(フェーズ2)の協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

JICAによる供与機材を活用して日本人専門家によるデジタルファブリケーションの研修中

実験中の苗の生育状況を確認する農学部の教員と日本人専門家

JICAによる供与機材でシミュレーション実験中の教員たち

汎アフリカ大学基礎科学・技術院(PAUSTI)第7コホートの入学オリエンテーション(2019年5月開催)

JICAによる供与機材を用いてデータの解析を行う汎アフリカ大学基礎科学・技術院(PAUSTI)学生

JICAも支援をしてリノベーションを行った動物実験棟(SAFARI)にて動物実習を行う教員と学生たち

機材のメンテナンスについて話し合う教員と技官

NPO法人 道普請人(みちぶしんびと)の土のうによる道直し技術を活用してJKUAT学内の道路を整備中

グループワークによってものづくりを学んでいるJKUATと汎アフリカ大学基礎科学・技術院(PAUSTI)の学生たち

日本の大学で研修を受けた教員が学生と土壌実験についてディスカッション中

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

アフリカ型イノベーション振興・JKUAT/PAU/AUネットワークプロジェクト

関連記事等

教育だより第30号 (高等教育)(ケニア)ケニアJKUATとマレーシアMJIIT:初めてのオンラインジョイントセミナー開催(PDF)

JICA広報誌mundi 2020年7月号「大学連携」(PDF)

[Ex-participants fighting COVID-19] Kenya:Ventilator development at Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology(英語)

【新型コロナに挑むJICA帰国研修員:日本での学びを活かし、各国で大活躍!】第3回 ケニア:ジョモケニヤッタ農工大学で、人工呼吸器の開発が進行中(日本語)

タイトルとURLをコピーしました