ad

ホンジュラス:コパン遺跡博物館展示機材整備計画

ad
ad
ad

ODA(The Project for the Improvement of the Exhibition Equipment at Museums of the Ruins of Copan)

国名 ホンジュラス
事業 無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題 教育
贈与契約(G/A)締結 2020年3月
供与額 0.94億円

プロジェクト紹介

ホンジュラスでは、国内の貧困や社会格差を解消する上で、地方産業の発展が課題の一つとされ、観光開発は地域開発に資する重要な柱と位置付けられています。特にマヤ文明の遺跡であるコパン遺跡は、当国の代表的な古代遺跡であり、コパン地方考古学博物館及びコパンデジタル博物館は、内外からの来館者を集めて同地域の魅力を向上させる施設として、展示の拡充の必要性があります。本協力は、世界遺産であるコパン遺跡の博物館に対し展示関連機材を整備することにより、適切な環境での遺物展示や博物館の魅力向上を図り,当国の文化遺産保護及び当該地域の活性化に寄与します。

協力地域地図

コパン遺跡博物館展示機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

報告書

協力現場の写真

コパン地方考古学博物館 外観

コパン地方考古学博物館 展示室

コパン地方考古学博物館 受付

コパン地方考古学博物館周辺

コパンデジタル博物館 外観

コパンデジタル博物館 正面入口

コパンデジタル博物館 調査技術展示室(VR機材の設置予定場所、奥はVRシアター)

コパンデジタル博物館 回廊と中庭

コパン遺跡公園

地方考古学研究センター(遺物の収蔵・研究施設)

関連情報

関連記事等

ホンジュラス共和国に対する一般文化無償資金協力「コパン遺跡博物館展示機材整備計画」に関する書簡の交換

タイトルとURLをコピーしました