スポンサー
スポンサー

2020年7月6日~7日九州北部における浸水について(速報)

2020-07-07 防災科学技術研究所

更新履歴
  • 令和2年7月6日22:00 初版
  • 令和2年7月7日11:00 大牟田市新栄町周辺及び久留米市の推定結果を追加しました
  • 令和2年7月7日15:00 久留米市東櫛原町周辺の推定結果を追加しました
連絡先
  • 水・土砂防災研究部門 平野,シャクティ,三隅
本サイトの短縮URL → http://mizu.bosai.go.jp/key/R02_0707Shinsui
概要

令和2年7月6日,九州北部に記録的な大雨が降りました.水・土砂研究部門では,災害現場で即時的に活用できるよう、SNS等による1地点の浸水写真から,浸水範囲と浸水深を推定する手法を研究しています.ここでは九州北部について,推定された浸水深分布を公開しています(速報につき変更されることがあります).

推定手法について

SNSやニュースで報道される浸水写真から,おおよその浸水深を推定します.浸水地点周辺の状況から推定対象範囲を設定してから,次に,浸水面が対象領域内に一様に広がっていると仮定して,浸水面からDEM標高(国土地理院基盤地図情報数値標高モデルを利用)を差し引いた値を各メッシュにおける浸水深としています.なお、GISソフトウェアとしてArcGISを利用しており,ベースマップに国土地理院の淡色地図タイルを使っています.

(注)本手法は浸水した区域をすべて網羅したものではなく,推定結果で示した範囲以外にも浸水した可能性はあります.

福岡県大牟田市

Twitterにおける18時頃の大牟田駅周辺の写真から,当該地点で浸水深を読みとって周辺の浸水状況を推定しました.

ただし,DEM5AとDEM5Bデータは連続ではなかったので,DEM5Bの範囲内のみを対象としました.

Inun_Omuta_1.png

Geotiffファイルこちら→FInun_Omuta5B.tif(14)(0.8MB)2020.07.06公開

図1.大牟田市大牟田駅周辺浸水の様子.(図中の赤線は推定対象地域の範囲を示す.)

Omuta_Up.png

Geotiffファイルこちら→Inun_Omuta_Up.tif(12)(0.8MB)2020.07.07公開

図2.大牟田市新栄町駅周辺浸水の様子.(図中の赤線は推定対象地域の範囲,時刻はSNSの投稿時刻を示す)

福岡県久留米市

Twitterにおける9時台の久留米市の写真から,当該地点で浸水深を読みとって周辺の浸水状況を推定しました.

Kurume_Up.png

Geotiffファイルこちら→Inun_Kurume_Up.tif(6)(1.2MB)2020.07.07公開

図3.久留米市東合川周辺浸水の様子(その一).(図中の赤線は推定対象地域の範囲,時刻はSNSの投稿時刻を示す)

Kurume_Down.png

Geotiffファイルこちら→Inun_Kurume_Down.tif(6)(2.4MB)2020.07.07公開

図4.久留米市東合川周辺浸水の様子(その二).(図中の赤線は推定対象地域の範囲,時刻はSNSの投稿時刻を示す)

Kirume_Kita.png

Geotiffファイルこちら→Inun_Kurume_Kita.tif(6)(4.9MB)2020.07.07公開

図5.久留米市北野町周辺浸水の様子.(図中の赤線は推定対象地域の範囲,時刻はSNSの投稿時刻を示す)

Kurume_Higashi.png

Geotiffファイルこちら→Inun_Kurume_Higashi.tif(3)(1.0MB)2020.07.07公開

図6.久留米市東櫛原町周辺浸水の様子.(図中の赤線は推定対象地域の範囲,時刻はSNSの投稿時刻を示す)

 


タイトルとURLをコピーしました