ad

床版防水ウルトラシール工法(KK-200008-A)

ad

従来工法と比較して申請技術の防水性能は確実性が高く、また低温の環境で防水性能が低下しないゴム化アスファルト塗膜系の床版防水工法である。また塩化カルシウムなどの融雪材に対する耐薬品性が高いため、寒冷地での利用に適している。

開発会社:エムケービルド株式会社
区  分:工法
NETIS登録技術
本技術はコンクリート橋床板を防水するための工法技術であり、従来はアスファルト加熱型塗膜系床版防水工法を利用していた。本技術の活用により、専用塗布機の使用による安全性の向上、施工性の向上、耐久性向上による品質の向上が期待できる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

タイトルとURLをコピーしました