0902鋼構造及びコンクリート

0902鋼構造及びコンクリート

循環式2ノズルバキュームブラスト工法(KK-210044-A)

ブラスト工法において、研削材を回収でき、2ノズルで2人同時施工が可能な工法技術である。
0902鋼構造及びコンクリート

ラバトップジョイント250MJ(CG-210015-A)

橋梁用埋設型伸縮継手設置において、遊間中心と特殊合材の中心位置をずらすこと、及び高伸縮性の特殊合材使用によりジョイント幅を狭めることで、通行車両のタイヤ接地面を小さくしてわだち割れを抑制し、同時に経済性を向上させた埋設ジョイントである。
0902鋼構造及びコンクリート

超小型非破壊検査装置「中性子塩分計RANS-μ」を開発~鉄筋腐食に対するインフラの予防保全に貢献~

超小型の非破壊検査装置「中性子塩分計RANS-μ(ランズ-マイクロ)」を開発した。カリフォルニウム-252(252Cf)中性子線源[2]を利用し、橋梁点検車に搭載可能で、コンクリート構造物内の腐食発生限界塩分濃度1.2kg/m3を計測可能になる。透過能力の高い中性子と、中性子と反応後発生するガンマ(γ)線を利用することで、コンクリート表面から鉄筋が存在する深さ3~7cmまでの塩分を非破壊で検出可能。
0902鋼構造及びコンクリート

オートチッパー工法(KT-210057-A)

高架道路伸縮継手の取り換えや床版の表面切削において、低騒音型コンクリート撤去装置を用いた工法。
0902鋼構造及びコンクリート

壁面走行ロボットを用いたコンクリート点検システム(KK-210040-A)

ハイピア等の高所作業車が適用できないコンクリート構造物におけるロボット点検システムの技術。
0902鋼構造及びコンクリート

TVI工法(KK-210038-A)

小口径注入口の先行設置を可能にしたグラウト再注入工法。
0902鋼構造及びコンクリート

スラブキラー(KT-210052-A)

バンドソーを用いた自走式の切断装置によって既設橋梁のコンクリート床版を主桁上で水平に切断する技術。
0902鋼構造及びコンクリート

カチオンフレーム工法(目地型枠仕様)(CB-210006-A)

コンクリート擁壁工などに設ける目地板(瀝青系目地材)の設置において、目地型枠材を使用せず目地板を自立させる工法である。
0902鋼構造及びコンクリート

フレッシュキープ(KT-210045-A)

フレッシュコンクリートに特殊混和剤を後添加して製造する流動性を長時間保持できるコンクリート。
0902鋼構造及びコンクリート

ラオス:橋梁維持管理能力強化プロジェクト

橋梁維持管理技術を移転することにより、維持管理を実施する実施機関の能力向上を図り、橋梁の適切な維持管理に寄与します。
ad
タイトルとURLをコピーしました