ad

パレスチナ理数科教育質の改善プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Project for Improving Quality of Mathmatics and Science Education)

【写真】プロジェクトの様子

国名 パレスチナ [協力地域地図]
協力期間 2019年3月〜2022年8月
事業 技術協力
課題 教育

プロジェクトの紹介

パレスチナは、2013年には初等教育の総就学率95パーセントと高いレベルのアクセスを達成しながらも、国際学力テストでは下位となるなど、教育の質の面で多くの課題が指摘されています。このような中、パレスチナ教育庁は2014年の教育開発戦略計画の中で「生徒中心型」の教育を掲げていますが、それまでパレスチナで実施されてきた知識伝達型の教育とは大きく異なり、教授法の大きな転換が求められています。このような背景から、JICAに対し、理数科教員が効果的な生徒中心型授業を行う技術支援が要請されました。本事業では、理数科教育の強化を通じて、パレスチナの生徒の創造性・批判的思考力が向上することを目指しています。

協力現場の様子

 

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9
  10. 写真10

キャプション

  1. キックオフミーティング
  2. 診断調査における学力調査
  3. 診断調査における授業観察
  4. 学力調査の結果共有ワークショップ
  5. 授業分析の結果共有ワークショップ
  6. 授業改善のための教員研修における板書計画づくり
  7. 研修で学んだ板書技術を活かした授業実践
  8. 本邦研修における授業観察
  9. 本邦研修における板書型指導案づくり
  10. 本邦研修における研修員による模擬授業

プロジェクトのウェブサイト

タイトルとURLをコピーしました