ad

朝霞浜崎団地/埼玉県朝霞市

ad

平成 26 年 3 月作成 UR都市機構(タイムトリップ)

 朝霞浜崎団地は、JR武蔵野線「北朝霞」駅と東武東上線「朝霞台」駅から徒歩5分に位置する昭和 51 年管理開始の団地です。 昨年から実施した外壁修繕工事では、「友人を招きたくなるような」団地を目指して、エントランスから玄関ドアまでの日常的によく使う共用部動線に注力して改修を行いました。 設計・工事監修には、外部のデザイナーを起用して大胆にデザイン性を強化し、ツインコリドー型(中央に巨大な吹き抜けを持つ回廊型の住棟)の特徴を生かしたリニューアルを実現しました。団地を森に見立てた新たなコンセプト「URBAN FOREST」を軸に、お住まいの方々に居住階や住戸へ愛着を持ってもらえるよう「フロアカラー」を設定。森の住人である動植物のグラフィックを共用部の随所に登場させた斬新な演出をしています。また、工事中の仮設物にも修景を施し、仮設足場養生シートや仮囲いに「団地は森。」のキャッチコピーと、デザインコンセプトである森の大木を描き、工事中のイメージアップに努めました。 

※ 今回のリニューアル工事のストリーミング動画がURのホームページでご覧いただけます(「バリューアップ 朝霞浜崎」で検索)

 

タイトルとURLをコピーしました