ad

廃棄物の削減

ad

UR都市機構

廃棄物の削減のために、建物の建替えによって生じるコンクリートなどのリサイクル促進や、塩化ビニル管の再生利用などのリサイクル材の採用を積極的に進めています。

リサイクル発泡三層塩ビ管

使用済み等により回収された塩化ビニル樹脂を微粉砕・再配合して発泡させて、その両側を新しい塩化ビニルではさんだ管です。都市機構は塩化ビニル管製造メーカーの団体である「塩化ビニル管・継手協会」との共同研究を通じて、多様な塩化ビニルのリサイクルを可能とする発泡三層管の実用化を図りました。平成13年に導入を始め、現在は住戸内の一部の排水管や換気ダクトなどに標準的に採用しており、 新塩化ビニルの使用量が今までの半分以下に軽減されています。

リサイクル発泡三層塩ビ管(写真・イラスト)

ディスポーザー

各家庭のキッチンのシンクの排水口に設置し、調理時に出る生ごみを機械で細かく砕いて、水といっしょに排水管に流す装置です。生ごみを減少させ、焼却によるダイオキシン問題解消にも貢献できる環境にやさしいシステムです。

ディスポーザー(写真・イラスト)

実績・事例
  • アクティ三軒茶屋(2002) 東京都世田谷区
  • アクティ汐留(2004) 東京都港区

ヴァンガードタワー(2007) 東京都豊島区

エコマテリアルケーブル

従来の電線・ケーブルには、導体材料である銅やアルミの廻りのシースや絶縁体などの被覆材に、ハロゲン等の添加材を含むポリ塩化ビニルが広く使用されています。

建物の解体時における電線・ケーブルの処分は、導体材料である銅やアルミは有価物であるため、多くは回収され再利用されるのに対し、被覆材の多くは焼却等により処分されています。

被覆材のポリ塩化ビニルは、ハロゲン等を含有しているため、燃焼時にはハロゲン系ガスや有害なダイオキシンが発生し、少なからず環境に影響を与えてきています。

UR都市機構が採用しているエコマテリアル電線・ケーブルは、従来のビニル被覆材を使用した電線・ケーブルと異なり、ハロゲンや鉛を含まない難燃性ポリエチレンを被覆材に使用した環境にやさしい電線・ケーブルで、従来のものと同等の難燃性を有しています。通常「EM電線・ケーブル」と呼ばれていますが、EMとは、エコマテリアル(Eco-Material)および耐燃性を意味しています。

その特長を整理すると、

1. 被覆材にハロゲン元素を含まないため、焼却時に有害なハロゲンガスの発生が無い。

2. 被覆材に重金属を含まず、土壌汚染の恐れがない。

3. 燃焼時に煙の発生が少ない。

4. 腐食性ガスの発生がない。

5. 被覆材料がポリエチレン系に統一されているため、リサイクル性が良い。

タイトルとURLをコピーしました