ad

早明浦ダム再生事業

ad

2017-12-29 ~水資源機構における初のダム再生事業~

「早明浦(さめうら)ダム再生事業」の予算政府案の決定について
~水資源機構における初のダム再生事業~

本日、平成30年度予算政府案が閣議決定され、早明浦ダム再生事業の事業費は3億円とされました。
本事業は、独立行政法人水資源機構が実施する初のダム再生事業です。
また、既設ダムを有効活用するダム再生の取組をより一層推進するための方策を示す「ダム再生ビジョン」(平成29年6月 国土交通省 水管理・国土保全局)策定後、全国で初の新規ダム再生事業として予算政府案に計上された事業の一つです。
【事業の目的】
ダム貯水池の容量振替や予備放流方式の導入により洪水調節容量を増大させるとともに、放流設備の増設等により治水機能の向上を図るものです。
早明浦ダムは、吉野川の治水と四国4県の利水を目的に建設され、吉野川総合開発の中核となる多目的ダムであり、水資源機構が管理する「四国のいのち」とも呼ばれる四国最大のダムです。

詳しくは、こちら

(参考)
○国土交通省水管理・保全局関係 平成30年度予算(国土交通省ウェブサイト)
http://www.mlit.go.jp/river/basic_info/yosan/gaiyou/yosan/h30.html
○早明浦ダム再生事業 新規事業採択時評価 説明資料(国土交通省ウェブサイト)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/shaseishin/kasenbunkakai/sh
ouiinkai/r-jigyouhyouka/dai09kai/pdf/04_shiryou.pdf
○ダム再生ビジョンの策定(国土交通省ウェブサイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo05_hh_000029.html

 

ad
0904河川砂防及び海岸海洋0906電力土木1001上水道及び工業用水道
ad
ad


Follow
ad
ad
タイトルとURLをコピーしました