ad

ザンビア:第一次ルアプラ州地下水開発計画

ad
ad
ad

ODA(The Project for the Groundwater Development in Luapula Province)

国名 ザンビア
事業 無償資金協力(交換公文(E/N))
課題 水資源・防災
交換公文(E/N)署名 2008年7月
供与額 6.41億円

プロジェクト紹介

ザンビアのルアプラ州は同国の中でも特に安全な水へのアクセス率が低く、2007年時点で17パーセントに留まっていました。非衛生的な飲料水の摂取は、地域住民の水因性疾患の発生率を高め、また水汲み労働はこれを担う女性や子供にとって、大きな身体的負担と時間的束縛となっており、地域住民に安全かつ安定した水を提供することは、喫緊の課題となっていました。本協力はルアプラ州全7郡を対象に、村落部へのハンドポンプ付き深井戸を中心とした給水施設の建設を行いました。ハンドポンプ付き深井戸は計画どおり設置され、安全な水へのアクセスが向上し、対象地域住民の給水と衛生環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

第一次ルアプラ州地下水開発計画の協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

午前の水汲み時間には、多くの女性と子供が井戸に集まる(マンサ郡Chabala Village)

学校に設置されたハンドポンプ付き深井戸は、学習の機会や学習環境の改善に寄与している(マンサ郡Kafuula Community School)

村落水衛生委員会(V-WASHE)では出納管理者が集金を行い、管理費帳簿に記帳している

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

第二次ルアプラ州地下水開発計画

第三次ルアプラ州地下水開発計画

タイトルとURLをコピーしました