ad

西之島周辺の航空レーザー測量の結果について

ad

2018/10/05  海上保安庁
海上保安庁では、西之島及びその周辺海域において、航空レーザー測量を実施し、そのデータを解析した結果、我が国の領海及びEEZがそれぞれ約4km2、約46km2拡大する見込みです。海上保安庁では、最新の活動状況を踏まえつつ、引き続き、西之島の観測を行ってまいります。
[pdf-embedder url=”http://tiisys.com/wp/wp-content/uploads/2018/10/181005-kaiho-k181005-1.pdf” title=”181005-kaiho-k181005 (1)”]

タイトルとURLをコピーしました