ad

ウクライナのカホフカ・ダムの崩壊前モニタリングをリモートセンシングで解明(Remote sensing research reveals pre-collapse monitoring of Kakhovka Dam in Ukraine)

ad

2024-05-24 オランダ・デルフト工科大学(TUDelft)

◆ウクライナのカホフカダムの崩壊は、ロシアとの戦争前から進行していた可能性があることが、ヒューストン大学、デルフト工科大学、ドイツ航空宇宙センターの研究チームの新しい調査で示されました。この研究は「Nature Communications Earth and Environment」に発表されました。
◆2023年6月6日、ロシアの管理下にあったカホフカダムが崩壊しました。新しい調査では、ダムの実際の崩壊前から変形が存在していたことが明らかになり、衛星技術を使用してインフラの安定性を監視することで、以前は見えなかったダムの前兆変形を発見しました。この調査は、InSAR(干渉合成開口レーダー)という手法を用いて、軌道上の衛星から収集したレーダー画像を使用し、インフラの変形をミリメートル単位の精度で測定しました。
◆研究は、NASAやNWOの助成を受け、継続的な監視の重要性を強調しています。

<関連情報>

2017年から2023年までのウクライナ、カホフカ・ダムの崩壊前の宇宙からの変形モニタリング Pre-collapse spaceborne deformation monitoring of the Kakhovka dam, Ukraine, from 2017 to 2023

Amin Tavakkoliestahbanati,Pietro Milillo,Hao Kuai & Giorgia Giardina
Communications Earth & Environment  Published:03 April 2024
DOI:https://doi.org/10.1038/s43247-024-01284-z

figure 1

Abstract

The Kakhovka Dam on the Dnieper River in Kherson Oblast, Ukraine, was completed in 1956 as the final dam in the Dnieper reservoir cascade. On the morning of June 6th, 2023, a substantial portion of the dam suffered a collapse while under Russian control. This incident was documented through satellite optical and radar images, providing valuable evidence of the dam’s condition. Here we present the results of multi-temporal Interferometric Synthetic Aperture Radar (MT-InSAR) monitoring of the Kakhovka dam. The dam is vital for water management and hydroelectric power generation. Utilizing multi-temporal InSAR (MT-InSAR) data, we assessed the dam deformations prior to the collapse. Our findings indicate movements of the south side, facing the Dniprovska Gulf, compatible with several possible damage mechanisms. This study highlights the significance of employing spaceborne advanced monitoring techniques to detect signs of distress and ensure the stability of critical infrastructure.

ad
0904河川砂防及び海岸海洋
ad
ad


Follow
ad
ad
タイトルとURLをコピーしました