ad

点群データを活用したインフラ構造物の経年変化差分解析(KK-230049-A)

ad
ad
ad

点群と三次元基準面モデルとの法線方向の差分距離をグラデーション表示で可視化し、うきや剥落箇所を抽出する技術で、点検箇所の明示や抜け落ち防止など現場の点検を支援、また損傷図のリアルな図化による内業の負担軽減や各種数量計算など定量化ができる技術である。

開発会社:株式会社アイ・エス・ピー
区  分:システム
NETIS登録技術
本技術は、構造物を計測した点群とTINモデルとの法線方向の差分距離から色表示で損傷箇所を抽出する技術で、従来は、遠望目視および非破壊検査で検出されていた。本技術の活用により点検者の負担軽減と工期短縮が図られ施工性、品質の向上する。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

0902鋼構造及びコンクリートNETIS
ad
ad
ad
ad
テック・アイ建設技術
タイトルとURLをコピーしました