ad

KD-7(KD工法)(KT-220210-A)

ad
ad
ad

鋼管杭を用いた鉄筋コンクリート造擁壁

開発会社:株式会社カヌカデザイン
区  分:工法
NETIS登録技術
本技術は鋼管杭を用いた擁壁築造工法で従来はL型擁壁(直接基礎)にて施工していた。本技術の活用により、前方杭を土圧壁内部に埋込むことで擁壁の底盤幅の短縮や、土の掘削範囲を縮小し周辺環境への影響抑制を図ると共に狭隘地にも対応し施工性の向上を図ることが出来る。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

0901土質及び基礎NETIS
ad
ad
ad
ad
テック・アイ建設技術
タイトルとURLをコピーしました