ad

南アフリカ共和国:脱炭素社会に向けた炭酸塩化を利用したカーボンリサイクルシステムの開発

ad
ad
ad

ODA(Development of a Carbon Recycling System toward a Decarbonised Society by Using Mineral Carbonation)

脱炭素社会に向けた炭酸塩化を利用したカーボンリサイクルシステムの開発

国名 南アフリカ共和国
事業 技術協力
課題 環境管理
協力期間 2021年10月~2026年9月

プロジェクト紹介

南アフリカ政府は、2025年までに2005年時点の温室効果ガスより42%削減することを目標に掲げています。こうした中、本事業は、南アフリカにおける主要なCO2排出源の一つであるセメント産業から排出されるCO2を削減するため、解体コンクリート等の建設廃棄物、生コンクリートの利用に伴い発生するコンクリートスラッジ(汚泥)、火力発電に伴い生成されるフライアッシュ(飛散灰)等の塩基性廃棄物を利用したCO2固定と副生成物の再利用技術の開発を通じ、循環経済の概念に基づく脱炭素社会の構築促進に寄与することを目指します。

事業評価

評価結果

(出典:外務省ODAホームページ、JICA)

0911建設環境ODA
ad
ad
Follow
ad
ad
テック・アイ建設技術
タイトルとURLをコピーしました