0803資源循環及び環境

0803資源循環及び環境

アンモニアの大規模サプライチェーンの実現に向けた,アンモニア受入・貯蔵技術の拡充による大型アンモニア受入基地の開発を開始

アンモニアを石炭火力やガスタービンの燃料として利用する技術開発を進めている。アンモニアを燃料として広く利用するためにはアンモニアのサプライチェーンの構築が必要,輸入される大量のアンモニアを効率的に受け入れるインフラを早期・低コストで確立するための大型アンモニア受入基地の開発に着手した。現状では限定的な受入設備規模を,液化天然ガス(LNG)受入基地と同規模へ大型化することを目指しており,2025年頃の開発完了を目指す。
0803資源循環及び環境

重金属廃水をもみがら・米ぬかと微生物で浄化~鍵となる微生物を特定して廃水処理条件を最適化~

米ぬかを栄養源にした硫酸還元菌の活性を用いて、重金属を含む鉱山廃水を安定的に浄化する廃水処理装置の運転管理技術を確立した。
0803資源循環及び環境

パレスチナ:廃棄物管理能力向上プロジェクトフェーズ3

レスチナにおいて、レスチナにおいて、廃棄物発生抑制計画の策定や3R(Reduce, Reuse, Recycle)促進のための法制度の提案、廃棄物発生抑制のための意識啓発や経済ツールの導入、廃棄物埋立削減のための手法の検証やリサイクル事業者との連携促進等を支援する。
0803資源循環及び環境

ANL の研究結果がサステナブルなリチウム生産の始動を促進

世界最大のリチウム生産企業の一つであるチリの SQM との共同研究により、電池利用の輸送手段や EV の分野におけるリチウム生産プロセスとその長期的な環境持続可能性との関連性について調査・分析し、重要かつ斬新な識見をまとめた報告書を発表。
0803資源循環及び環境

船舶によるCO2大量輸送技術確立のための研究開発および実証事業を開始

2030年頃CO2回収・有効利用・貯留(CCUS)技術の社会実装を視野に、工場や火力発電所から排出されたCO2を活用地や貯留地まで低コストで大量・安全に輸送するための研究開発および実証事業に着手する。
0803資源循環及び環境

新潟県阿賀野市における二酸化炭素(CO2)を用いた原油回収促進技術(EOR)の実証試験に向けた共同研究の開始について

INPEX南阿賀鉱場(新潟県阿賀野市)における二酸化炭素(CO2)を用いた原油回収促進技術(EOR)のための実証試験に向けた共同研究を開始した。
0803資源循環及び環境

イラン:クリーンエネルギー全体計画策定プロジェクト

ODA(The Project for Formulating a Master Plan of Developing Environmental Friendly Technologies in Iranian Power Sector)...
0802流体資源の開発及び生産

世界初,カーボンニュートラルな「ブルーアンモニア」を利用する混焼試験を実施

CO₂フリーアンモニアのバリューチェーン構築に向けて,燃料製造側と利用側をつなぐ 2020-10-23 株式会社 IHI 株式会社 IHI(社長:井手 博,本社:東京都江東区,以下「IHI」)は,一般財団法人日本エネルギー経済研究所...
0803資源循環及び環境

ミャンマー:ティラワ地区インフラ開発事業(フェーズ3)

ODA(Infrastructure Development Project in Thilawa Area (Phase 3)) 国名 ミャンマー 事業 有償資金協力 課題 資源・エネ...
0803資源循環及び環境

NREL が太陽光パネルのリサイクル戦略を発表

(NREL Research Points to Strategies for Recycling of Solar Panels) 2020/7/13 アメリカ合衆国・国立再生可能エネルギー研究所(NREL) ・ NRE...
ad
タイトルとURLをコピーしました