0803資源循環及び環境

0803資源循環及び環境

タイ:生物循環グリーン経済実現に向けたウキクサホロビオント資源価値の包括的開拓プロジェクト

ODA(The Project for Development of the Duckweed Holobiont Resource Values towards Thailand BCG Economy) 国名 タイ ...
0803資源循環及び環境

汚染土壌分級システム(KT-220013-A)

有害物・重金属・放射能物質等で汚染された土砂などを分級と洗浄が連続して行える一連のシステムであり、遠心分離機で分級することにより汚染度を下げることが出来る。 開発会社:セイスイ工業株式会社 区  分:システム NETIS登録技術 本...
0803資源循環及び環境

セルビア:廃棄物管理能力向上プロジェクト

シド市において、発生源分別、廃棄物の減量化を含む3R(Reduce=廃棄物の発生抑制、Reuse=再利用、Recycle=再資源化)の推進を通じて中小自治体における効率的で持続可能な一般廃棄物管理のモデルを確立し、当該モデルを同国内の他の中小自治体へ普及することにより、広域廃棄物管理システム推進に寄与します。
0803資源循環及び環境

南極からの海洋深層水が「国産コバルト資源」を生み出した~南鳥島周辺に広大なマンガンノジュール密集域が形成された原因を特定~

南鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)内の広範囲に分布するマンガンノジュールが、海洋深層の海流の流入をきっかけに断続的に形成を開始し、広大な密集域へと成長していったことを明らかにしました。X線CT装置(CT)と微小領域蛍光X線分析装置(µXRF)を用いた分析によって、ノジュール内部の微細な三次元層構造を詳細に解析し、成長履歴を解読しました。
0803資源循環及び環境

アンモニアの大規模サプライチェーンの実現に向けた,アンモニア受入・貯蔵技術の拡充による大型アンモニア受入基地の開発を開始

アンモニアを石炭火力やガスタービンの燃料として利用する技術開発を進めている。アンモニアを燃料として広く利用するためにはアンモニアのサプライチェーンの構築が必要,輸入される大量のアンモニアを効率的に受け入れるインフラを早期・低コストで確立するための大型アンモニア受入基地の開発に着手した。現状では限定的な受入設備規模を,液化天然ガス(LNG)受入基地と同規模へ大型化することを目指しており,2025年頃の開発完了を目指す。
0803資源循環及び環境

重金属廃水をもみがら・米ぬかと微生物で浄化~鍵となる微生物を特定して廃水処理条件を最適化~

米ぬかを栄養源にした硫酸還元菌の活性を用いて、重金属を含む鉱山廃水を安定的に浄化する廃水処理装置の運転管理技術を確立した。
0803資源循環及び環境

パレスチナ:廃棄物管理能力向上プロジェクトフェーズ3

レスチナにおいて、レスチナにおいて、廃棄物発生抑制計画の策定や3R(Reduce, Reuse, Recycle)促進のための法制度の提案、廃棄物発生抑制のための意識啓発や経済ツールの導入、廃棄物埋立削減のための手法の検証やリサイクル事業者との連携促進等を支援する。
0803資源循環及び環境

ANL の研究結果がサステナブルなリチウム生産の始動を促進

世界最大のリチウム生産企業の一つであるチリの SQM との共同研究により、電池利用の輸送手段や EV の分野におけるリチウム生産プロセスとその長期的な環境持続可能性との関連性について調査・分析し、重要かつ斬新な識見をまとめた報告書を発表。
0803資源循環及び環境

船舶によるCO2大量輸送技術確立のための研究開発および実証事業を開始

2030年頃CO2回収・有効利用・貯留(CCUS)技術の社会実装を視野に、工場や火力発電所から排出されたCO2を活用地や貯留地まで低コストで大量・安全に輸送するための研究開発および実証事業に着手する。
0803資源循環及び環境

新潟県阿賀野市における二酸化炭素(CO2)を用いた原油回収促進技術(EOR)の実証試験に向けた共同研究の開始について

INPEX南阿賀鉱場(新潟県阿賀野市)における二酸化炭素(CO2)を用いた原油回収促進技術(EOR)のための実証試験に向けた共同研究を開始した。
ad
タイトルとURLをコピーしました