0904河川砂防及び海岸海洋

0108交通物流機械及び建設機械

水門用蓄電バックアップシステム(ERBシステム)(KT-230345-A)

平常時に蓄電した電力により停電時でも水門開閉操作ができ,かつ下降時に回生電力を蓄電 できるシステム 開発会社:株式会社IHIインフラ建設、国立研究開発法人土木研究所 区  分:製品 NETIS登録技術 本技術は,平常時にバッテリーへ蓄電した...
0904河川砂防及び海岸海洋

MITのエンジニアが設計した人工岩礁は、海洋生物を保護し、暴風雨の被害を軽減する可能性がある(Artificial reef designed by MIT engineers could protect marine life, reduce storm damage)

2024-03-26 マサチューセッツ工科大学(MIT) MITの研究チームは、気候変動によるサンゴ礁の劣化と海洋の荒波が増加する中、海岸コミュニティの防御を目的とした持続可能なオフショア構造を開発しています。彼らの設計は、自然なリーフの波...
0900建設一般

ユニット式フラップゲート(QS-230048-A)

無動力バランスウエイト付自由振動ゲート 開発会社:日新興業株式会社、株式会社中央コーポレ-ション 区  分:製品 NETIS登録技術 本技術は水門設備に関する技術である。樋門樋管のゲートにおいて、ゲートを内蔵したプレキャストボックスカルバー...
ad
0904河川砂防及び海岸海洋

マイクロウェーブ式水位計(KK-230069-A)

ミリ波レーダーFMCW方式の水位計 開発会社:株式会社ノーケン、Siemens AG社 区  分:製品 NETIS登録技術 本技術は、ミリ波レーダーによるFMCW方式の水位計測技術で、従来は超音波による水位計測技術で対応していた。 本技術の...
0904河川砂防及び海岸海洋

緊急復旧堤防法面補強土工法HCB-S(KT-230299-A)

短繊維入り原位置改良補強工法 開発会社:東洋建設株式会社 区  分:工法 NETIS登録技術 本技術は、緊急復旧堤防として現地土堤の表土に短繊維とセメントと水、必要に応じベントナイトを添加し攪拌混合して法面表土を補強する工法で、従来はコンク...
0904河川砂防及び海岸海洋

ユニークな恒久的沿岸観測が最小限の変化を検出(Unique permanent coastal observation detects minimal changes)

2024-01-08 オランダ・デルフト工科大学(TUDelft) ◆TU Delftの研究チームが、ビーチの地形を数センチメートルまでの精度で3年間にわたり毎時マッピングすることに成功。このデータは砂丘の保守や内陸部の保護に役立ち、衛星で...
0904河川砂防及び海岸海洋

アルミニウム合金製波返し(Surfinal(サーフィナル))(KT-230190-A)

アルミ合金の押出形材を用いた護岸の越波抑制製品 開発会社:日軽エンジニアリング株式会社 区  分:製品 NETIS登録技術 本技術は、既設護岸の越波対策に使用するアルミニウム合金製波返し製品で、従来は、護岸の嵩上げコンクリートで対応していた...
0904河川砂防及び海岸海洋

集水井の三次元点検システム(KT-230180-A)

吊下式カメラの連続撮影で得られる画像を3次元の点群データに変換し、シームレスの展開写真等から内部の変状や傾き等を井内に立ち入らず安全かつ定量的に把握する技術 開発会社:国土防災技術株式会社 区  分:システム NETIS登録技術 本技術は、...
0904河川砂防及び海岸海洋

新しい洪水モデリング研究は、より正確な予測を目指している。(New flood modeling research aims to produce more accurate predictions)

2023-10-27 オークリッジ国立研究所(ORNL) ◆2021年夏、テネシー州のウェイバリーは、数時間で年間平均降雨量の約三分の一にあたる17インチの雨を浴び、記録的な洪水の一因となりました。この洪水は21人の死亡者を出し、1億ドル以...
0108交通物流機械及び建設機械

余水抜バケット浚渫工法(CGK-230001-A)

余水抜機構を備えるグラブバケットを用いた浚渫工法 開発会社:株式会社青木組、株式会社光栄鉄工所 区  分:工法 NETIS登録技術 本技術は、余水抜機構を装備したグラブバケットを用いた浚渫工法である。本技術の活用により、土運船に積み込む前に...
0904河川砂防及び海岸海洋

この種のデータセットとしては初めて、将来の洪水リスクを近隣レベルで示す(First of its kind dataset shows future flooding risk at neighborhood level)

2023-09-28 アルゴンヌ国立研究所(ANL) ◆気候変動が季節や気象に影響を及ぼしており、特に内陸洪水のリスクが増加しています。アルゴンヌ国立研究所の研究者たちは、21世紀中期の内陸洪水リスクを推定するデータセットを開発しました。 ...
0904河川砂防及び海岸海洋

AZOT-STONE(アゾットストーン)工法(CB-230016-A)

石材にアンカーを打込んだ練石張(積)工_背面アンカー一体型練石張(積)工 開発会社:株式会社あづみ野石産 区  分:工法 NETIS登録技術 本技術は、アンカー付の石材を鋼製架台の上に据付け、コンクリートと一体となる背面アンカー一体型練石張...
ad
タイトルとURLをコピーしました