1105建築環境

1105建築環境

木造住宅のカーボンフットプリントの見える化に貢献!~CO₂排出集約的な部門グループに対する需要・供給の両面から効果的なCO₂削減策が重要~

2024-02-07 九州大学 ポイント 木造住宅のサプライチェーンに着目し、CO₂排出に寄与している部門を特定。 木造住宅の建築に関わる部門のグループ分けを行い、CO₂排出量の多い部門群を特定。 新築住宅のカーボンフットプリントを開示する...
1105建築環境

熱帯のオフィスビルでハイブリッド冷房が大幅な省エネにつながる(Hybrid cooling leads to significant energy savings in tropical office buildings)

2023-10-06 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) ◆シンガポールの研究者が、熱帯地域におけるオフィスビルのクーリングソリューションとして、エネルギー消費を30%以上削減するハイブリッドクーリング手法を成功裏に実施しました。 ◆...
1105建築環境

屋上防水対応型植栽用フレーム設置工法(KT-230138-A)

植栽ユニットの簡易な着脱が可能な屋上防水対応型植栽用フレームに関する技術 開発会社:株式会社Robusto 区  分:工法 NETIS登録技術 本技術は、屋上防水対応型植栽用フレーム設置工法であり、従来は屋上露出防水層へ植栽ユニットの貼付け...
ad
1105建築環境

木造建築における有害な接着剤を代替できるエコ・グルー(Eco-glue can replace harmful adhesives in wood construction)

迅速かつエネルギー効率の高い製造工程により、強度が高く、無害で、耐火性のある接着剤が生まれ、フィンランドのバイオ経済にとって大きなチャンスとなった。 A fast and energy-efficient manufacturing pro...
1105建築環境

イタリア・ベネチアの社会住宅から排出される二酸化炭素を削減する方法(How Venice, Italy Can Cut Carbon Emissions from Social Housing)

バークレー研究所の建築物エネルギーツールでは、暖房エネルギーを67%節約できる可能性があると指摘されています。 A Berkeley Lab building energy tool points to potential heating ...
1105建築環境

Pythonが切り開くEnergyPlusビルエネルギーシミュレーションの新たな活用法(Python Opens Up New Applications for EnergyPlus Building Energy Simulation)

2022-01-05 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所(NREL) Pythonとそのエコシステムを活用して、EnergyPlusのカスタマイズ、建築設備との接続、リアルタイムアプリケーションへの組み込みなどが可能になりました。 Us...
1105建築環境

スマートビル実現に向け、実証実験を開始~ビッグデータやAIを活用したデータ・プラットフォームの新機能を開発~

スマートビルの実現を視野に開発したビルコミュニケーションシステムの従来機能であるリアルタイムのモニタリングや遠隔制御機能に加え、ビッグデータへの対応やBIMで作成された属性データとの連携、インターネットの標準仕様に準拠したアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)提供のための機能を開発・拡充した。
1105建築環境

災害避難時の介護用ロボット活用技術

高齢者福祉施設や病院の新たな避難支援技術を開発します 2020-11-05 建築研究所 背景・目的 10年後に3人にひとりが65歳以上の高齢者となる超高齢社会に向けて、自力避難困難な要介助者が火災等の災害時に避難しやすくするための技術開発が...
1105建築環境

既存住宅の住みながら改修 による居住性向上の可能性

国総研レポート2020(研究期間:平成30年度~) 国総研 住宅研究部 住宅計画研究室 室長 藤本 秀一 主任研究官(博士(工学) 渡邊 史郎 住宅性能研究官(博士(工学)) 長谷川 洋 住宅ストック高度化研究室 室長 片山 耕治 (キーワ...
1105建築環境

最先端の室内臭気低減工法を共同開発

賃貸住宅等、室内の臭気の悩みを解決 2019-05-21  都市再生機構,日本総合住生活株式会社,ナオス・テック株式会社 独立行政法人都市再生機構、日本総合住生活株式会社、ナオス・テック株式会社は、共同で業界最先端の室内臭気低減工法を開発い...
0803資源循環及び環境

平成30年度地中熱利用状況調査の結果について

2019-03-26  環境省  地中熱は、天候や地域に左右されない安定した再生可能エネルギーとして、空調、給湯、融雪などの多様な用途に用いられ、省エネルギー、二酸化炭素排出抑制による地球温暖化対策、ヒートアイランド対策に寄与します。  環...
1105建築環境

長良川扇状地で地下水を活用した地中熱利用空調システムの実証運転を実施

既設の空調システムと比較して運用コスト73%削減を確認 2019-02-07 新エネルギー・産業技術総合開発機構,岐阜大学 NEDO事業において、岐阜大学は、東邦地水(株)、ゼネラルヒートポンプ工業(株)、(株)テイコクとともに、通常地域と...
ad
タイトルとURLをコピーしました