ad

三原港にて「可搬式浄水装置」による飲料水の給水を開始しました

ad
ad
ad

<平成30年7月豪雨関連> 広島県三原市で「可搬式浄水装置」による給水支援を行います ~三原港にて飲料水の給水を開始~

2018/07/16 (独)水資源機構

(独)水資源機構では、一部地域で断水が続く三原市において給水支援を開始しました。

本日より、三原港 (別紙1)にて海水を淡水化して給水する「可搬式浄水装置(1号機)」(別紙2)による飲料水の給水を開始しました。

また、2号機による雑用水の給水も開始しました。

【給水支援の内容】

<1号機><2号機>
場  所広島県三原市三原港(内港ないこう西物にしもの揚場あげば同 左
開始日時平成30年7月16日(月)午前9時同 左
用  途飲料水雑用水
給 水 量日量35トン
(飲料水換算で約11,000人分)
日量50トン
(ポリタンク18L約2,700本分)

※ 現地の取材を希望される場合は、下記の取材問合せ先に事前にご連絡をお願いします。(現地での取材については、安全管理のため日没までにお願いします)

添付資料

報道発表資料(PDF形式)

別紙1(PDF形式)

 

別紙2(PDF形式)

[pdf-embedder url=”http://tiisys.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/180716-001245226.pdf”]

お問い合わせ先

■記者発表全般について
国土交通省水管理・国土保全局 水資源部 水資源政策課 小野寺、苕野
■「可搬式浄水装置」について
独立行政法人水資源機構総務部広報課 河合、経営企画部企画課 前田、黒木
■現地取材について
独立行政法人水資源機構関西・吉野川支社 吉野川本部総務課長 篠原
タイトルとURLをコピーしました