ad

AIモデルを用いた地中埋設探査システムの開発~一連の作業を自動化し、解析業務の効率化を図る~

ad

2022-05-23 戸田建設株式会社,富士通株式会社,株式会社きんそく

戸田建設株式会社(社長:大谷清介、以下、戸田建設)と富士通株式会社(社長:時田隆仁、以下、富士通)及び株式会社きんそく(代表取締役:奥野勝司、以下、きんそく)は、地中埋設管の破損事故を未然に防ぐための埋設探査において、AIモデルを用いて埋設管を効率的に検出する埋設探査システム(以下、本システム)のプロトタイプシステムを開発しました。2021年6月から2021年11月にかけて試験運用により有効性を確認し、2022年4月より実用化に向けたシステムの構築を開始しました。


図1:システム画面のイメージ

開発の背景

日建連などの調査によると、建設現場では工事前における埋設管位置の確認不足や図面・台帳の施工記録の不整合などにより、年間150件(注1)近くの埋設管損傷事故が発生しています。それらの損傷事故を未然に防ぐために埋設管の事前調査が行われており、代表的な調査方法の一つに地中レーダー探査装置による計測方法があります。地中に照射したレーダー反射の変化で現れる双曲線の波形画像から埋設管位置を推定するものですが、地中レーダー探査装置で現地計測を行った後に取得される数多くの波形画像データを基に専門技術者が目視により埋設管判定しているため、解析業務の負荷低減や技術者不足の解消、また客観性の担保と信頼性向上などが課題となっています。

本システムの概要

本システムでは、断面図に現れる地中レーダーの波形を富士通のAI技術により解析し、その連続状態から平面だけでなく深度方向も含めて埋設管の位置を推定します。埋設管位置の推定に対する信頼度を存在確率として0~100%の範囲で利用者に示すことができ、さらに2D/3Dモデルでの出力が可能です。

タイトルとURLをコピーしました