ad

パプアニューギニア:道路補修機材整備計画

ad
ad
ad

ODA(The Project for Improvement of Road Maintenance Equipment)

国名 パプアニューギニア
事業 無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題 運輸交通
贈与契約(G/A)締結 2013年2月
供与額 8.64億円

プロジェクト紹介

パプアニューギニアでは、道路の舗装率が低く、国道の7割以上が砂利道路です。また、未開発区間も多く、雨季の地すべりや斜面崩壊などによる道路の閉鎖時には、地域の経済や住民の生活などに深刻な影響を与えていましたが、建設機材の老朽化、不足により、適切な道路維持管理が実施されていませんでした。この協力では、地方都市部4州の公共事業省の州事務所に砂利道路の整備・維持および災害復旧に必要な機材の整備を支援しました。これにより、対象地域の安定的な輸送や通行が確保され、災害時の迅速かつ効率的な復旧作業に寄与しました。

協力地域地図

道路補修機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

評価結果

報告書

報告書

報告書

協力現場の写真

老朽化が激しい現有モーターグレーダ(写真2の協力実施前)

引き渡し前の組立・検査が完了したモーターグレーダ(写真1の協力実施後)

大量の排気ガスを吐く旧式の現有ホイールローダ(写真4の協力実施前)

引き渡し前の組立・検査が完了したホイールローダ(写真3の協力実施後)

40年以上経過した旧式の散水車(写真6の協力実施前)

引き渡し前の組立・検査が完了した散水車(写真5の協力実施後)

ダンプトラックのオペレータに対する初期操作指導

ブルドーザのメカニックに対する日常点検につて説明(エンジンオイルについての説明)

供与された建機で実際に模擬施工(振動ローラによる転圧)

供与機材とともに多くの関係者で埋め尽くされた引き渡し式式典

関連情報

関連・連携プロジェクト

道路整備能力強化プロジェクト

道路整備能力強化プロジェクトフェーズ2

関連記事等

無償資金協力「道路補修機材整備計画」の機材引渡式

パプアニューギニアに対する無償資金協力「道路補修機材整備計画」に関する交換公文の署名新しいウィンドウを開きます

タイトルとURLをコピーしました