ad

木造住宅の耐震シミュレーションソフト機能強化版を公開~計算時間が10分の1に短縮~

ad

2022-01-17 京都大学

中川貴文 生存圏研究所准教授は、木造住宅の地震時の損傷状況や倒壊過程をシミュレートするプログラム「ウォールスタット(wallstat)」の機能強化版をフリーソフトとしてホームページで公開しました。ウォールスタットは、パソコン上で建物を3次元的にモデル化し、過去に起きた地震や想定される極大地震など様々な地震動を与え、木造住宅の耐震性能を動画で確認(見える化)することができます。住宅設計者などに累計5万回以上ダウンロードされています。建物が倒壊するまで計算できるのがこのソフトの特徴です。

これまで、数多くの実大振動台実験との比較検証を踏まえ、独自のシミュレーション理論の開発と精度向上を重ねてきました。今回の機能強化版では、これまで1回のシミュレーションに標準的なパソコンで20~30分程度かかっていた計算待ち時間を10分の1に短縮(2分程度)することに成功しました。設計の際に間取りを変えて繰り返しシミュレーションする際に、計算待ち時間がユーザーの障害となっていましたが、今回の機能強化により、実務における導入がより簡単になりました。研究者や構造設計者だけでなく、工務店・ハウスメーカーの設計者等にも幅広く普及し、耐震性能の検証、顧客へのプレゼン、防災意識の啓発などに活用されることが期待されます。
ウォールスタットの詳しい情報の閲覧やダウンロードは、以下のウェブサイトをご覧ください。

木造住宅倒壊解析ソフトウェア ウォールスタット

ウォールスタット 情報交換サポートサイト


図:ウォールスタットの概要図

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:中川貴文

タイトルとURLをコピーしました