ad

セネガル:セネガル川流域灌漑稲作事業

ad
ad
【アウトレット 29%OFF】ソーダストリーム SPIRIT(スピリット)スターターキット
ad

ODA(Project for Irrigated Rice Production in the Senegal River Valley)

国名 セネガル
事業 有償資金協力
課題 農業開発/農村開発
借款契約(L/A)調印 2021年1月
借款契約額 71.69億円

プロジェクト紹介

セネガルは、西アフリカで最大のコメ消費国の一つです。同国はコメを経済成長における戦略上重要な作物として、籾ベースで2017年までに160万トン、2022年までに210万トンの生産目標を掲げています。しかし、同国におけるコメの生産量は2008年の約40万トンから、2017年には約71万トンに達したものの、いまだ約118万トンを輸入(精米)に頼っています(2017年)。同国はコメの生産量の増大を図るべく、生産目標の約6割を生産ポテンシャルが高いセネガル川流域で担う計画としています。このプロジェクトは、セネガル川流域のダガナ県とポドール県において、既存灌漑施設の拡充・改修と農業機械の調達、灌漑施設の維持管理体制強化、営農支援等を行うことで、コメの生産性向上を図り、同国の食料安全保障の強化に寄与します。

協力地域地図

セネガル川流域灌漑稲作事業の協力地域の地図

事業評価

評価結果

報告書

協力現場の写真

ロッソ灌漑地区の灌漑ポンプ

ロッソ灌漑地区の圃場内農道

ロッソ灌漑地区の幹線水路

モデル地区の取水工(ポドール県)

ロッソ灌漑地区の乾季水稲の生育状況

ロッソ灌漑地区の圃場内(湛水)

関連情報

関連・連携プロジェクト

セネガル川流域灌漑地区生産性向上プロジェクト

セネガル川流域灌漑稲作生産性向上プロジェクト

関連記事等

セネガル向け円借款貸付契約の調印:灌漑施設の改修を通じ、コメの生産性向上と食料安全保障強化に貢献

タイトルとURLをコピーしました