ad

ボスニア・ヘルツェゴビナ:サラエボ県公共交通管理及び運営能力強化計画策定プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Project for Formulation of Sarajevo Public Transport Management and Operation Capacity Development Plan)

国名 ボスニア・ヘルツェゴビナ
事業 技術協力
課題 運輸交通
協力期間 2020年10月〜2023年10月

プロジェクト紹介

サラエボ県は、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを含む、同国最大の県です。県内の公共交通は、幹線としてのバス、トラム、トロリーバス、フィーダー路線(支線)のミニバスにより形成されるネットワークが市民生活の基盤となっています。しかし、車両や軌道などの老朽化、サラエボ県公共交通公社の経営難等によるサービスレベルの低下により、輸送人員は2010年から2015年にかけて31.1万人から25.4万人と約20パーセント減少しています。この原因は、自動車の登録台数の増加に加えて、サービスレベルの低下による市民の公共交通離れによるものですが、その結果、交通渋滞が悪化し、大気汚染も問題となっています。本協力は、サラエボ県交通省の能力強化、公共交通事業体の組織能力の改善、車両・軌道の更新計画への助言、利用者サービスの改善等に取り組むことにより、サラエボ県の公共交通の質的向上に寄与します。

タイトルとURLをコピーしました