ad

首都高技術とドコモ、大小 2 種類のドローンでくまなく橋梁点検する手法を確立

ad
ad
ad

足場が組みづらい水上での点検を効率化

2021-06-01 首都高技術株式会社,株式会社 NTTドコモ

首都高技術株式会社(以下、首都高技術)と株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、2019 年度よりドローンによる定期点検前スクリーニングとして共同研究を実施し、大型ドローンと小型ドローンを併用して、くまなく橋梁を点検する手法を確立しました。

大型のドローンでは広範囲の撮影をし、小型のドローンでは橋桁内部の撮影を行い、足場が組みづらい橋梁点検において、作業の効率化をします。新手法は、今後、急増すると予測される、定期点検前のスクリーニングでの活用を想定しています。

首都高速道路などの都市高速道路における橋梁は、人口密集地帯かつ海上など離発着場所が限られる飛行環境で従来のドローンでは点検が困難でした。
確立した手法は、大型ドローンと小型ドローンの 2 種を併用した手法です。大型ドローンには、高精細カメラを搭載し、広範囲を撮影します。あらかじめ決めたルートを自律飛行して、効率的にスクリーニングを行います。小型ドローンは、大型ドローンで入り込めない橋の入り組んだ箇所に入り、外角からは見えない箇所を撮影します。
撮影した画像と映像はドコモのドローンプラットフォーム「docomo sky® 」上で管理します。これまで、橋梁で撮影された画像や映像はGPS情報が取得しづらいため、撮影された場所との紐づけが困難でした。「docomo sky」を用いることで、画像や映像と場所を紐づけて確認することが可能となり、異常のあった箇所を効率よく確認することが可能になります。

今後両社は、本手法を橋梁点検で用いるとともに、さらなる運用向上に取り組んでまいります。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました