ad

マーシャル:マジュロ環礁における貯水池整備計画

ad
ad
ad

ODA(The Project for the Improvement of Water Reservoir at Majuro Atoll)

国名 マーシャル
事業 無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題 水資源・防災
贈与契約(G/A)締結 2020年9月
供与額 17.57億円

プロジェクト紹介

マーシャル諸島共和国のマジュロ環礁では、3カ所の浄水場によって約2万8千人の住民に給水されています。給水量の約65%を占める「浄水場C」は、空港の滑走路で集水した雨水を貯めて水源としていますが、その貯水量は気候変動に大きく影響されます。現在の給水時間は1日4時間・週5日程度ですが、乾季(11月~5月頃)にはさらに短縮されるほか、旱魃が深刻化すると水道は停止され、給水車によって限られた水が供給されます。そのためマジュロでは、近年の降雨パターンの極端な変動、水需要の増加、貯水池からの漏水などの対策として、雨水の貯水量の確保が強く求められています。本協力は、浄水場Cの貯水池の新設及び付属する導水管路、護岸の整備を行うことにより、気候変動の影響等による旱魃発生時の飲料水・生活用水の確保及び将来の需要増への対応に寄与します。

協力地域地図

マジュロ環礁における貯水池整備計画の協力地域の地図

事業評価

評価結果

報告書

協力現場の写真

マジュロ国際空港の滑走路側から撮影した貯水池候補地(右側)とIakwe Katoj公園(左側)、中央はNo.6貯水池

マジュロ国際空港側から東側に向け撮影された本計画貯水池の建設予定地

マジュロ国際空港の滑走路雨水集水施設としても利用

民間事業者の給水車(4トンクラス)

浄水場C(設計能力:一日あたり4,160立方メートル)

マジュロ国際空港脇に位置する既存の導水ポンプ場縦軸斜流ポンプ4台

完成予想図

関連情報

関連記事等

滑走路に降る雨を貯める!?@マーシャル諸島(外部サイト:Facebook)

マーシャル向け無償資金贈与契約の締結:旱魃に備え、命の水の確保に貢献

マーシャル諸島共和国に対する渇水対策のための無償資金協力に関する書簡の交換

タイトルとURLをコピーしました